大鰐町・八木橋餅店 名前のない一本のお団子

 

Pocket
LINEで送る

080829-01.jpg
上野発の寝台特急「あけぼの」に乗って、車窓に映し出される日本海の荒々しさを眺めつつ、時計の針が翌日の午前9時を指した頃に到着するのが、青森県大鰐町。
特急を降りて、大鰐温泉駅を出たら町のメインストリート・手古奈通りを東京方面へと進む。すると、町の真ん中を流れる平川が広がっている。京都のように、夏の夜には川床をしてのんびりと過ごしたくなる場所だ。
そんな川を渡って少し先に進み、身体を左側に向けると一軒のお店が視界に入ってくる。
080829-02.jpg
その佇まいは、町に欠かせない存在であり、その存在が町の顔となっているかのようだ。
そんな八木橋餅店は、和菓子屋さん…
080829-03.jpg
ではなく、「もちのお店」。地元の方曰く、仏様に供えるためのお餅菓子を売っている店なので、厳密には和菓子屋さんとは違うらしい。
080829-04.jpg
で、商品ケースには、もちパイやしとぎもち、そして甘い津軽のいなりずしといったもち米を使った商品はもちろん、ようかんなんかも並んでいる。
でも、一箇所だけポッカリと空いている。どうやら、ここにこのお店の宝があるらしい。お店の方に伺うと売り切れではなく、たまたま並んでいなかったとのこと。
080829-05.jpg
その宝とは、一本のお団子。串が長いとか三色の餅が刺さっているとかではなく、見たまんまの素朴なお団子。でも、この味はすごい。見た目は醤油のみたらし団子なのだが、口にするとたっぷりと黒糖の甘さが広がる。
どうやら、青森でいうところの「みつかけ」というらしい。でも、お店の方は「名前はない」という。
これで70円。でも味の価値は硬貨の数で決まるのではなく、食べた人が決める話だ。ただ、名前を決めて親しみを込めて「○○くださーい!」と、商品ケース越しに伝えたくなる。
そんな一品だから、この味を誰かに伝えたくなる。
———————–
ここでお知らせです。
先日、世界文化遺産登録の国内候補を載せた「暫定リスト」に、「北海道・北東北の縄文遺跡群」が追加登録されました。これに関連して、こんなウェブサイトに、出張版・ランチ日記の連載を始めました。
このブログには登場しないお店が、いつものひるどきとは違った装いで登場します。ぜひともご覧ください。
皆様のクリックで、青森を応援してください!人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。