むつ市・吉田ベーカリー アンバター&チョコきなこ(各140円)

 

Pocket
LINEで送る

081004-01.jpg
ある日、こちらの方から
「takapuさん、明後日なんですが…大間に行きませんか?」
という連絡あり。自分にとっても、佐井村経験はあれど大間町経験は無かったので、0.2秒で即決。
ということで、青森市内から車を走らせること約2時間。最初に横浜町にある道の駅に立ち寄り、直径約8センチのジャンボホタテフライや、ボイルホタテなど、ホタテ尽くしの買い物三昧を楽しんだ後、向かった先はこのパン屋さん。
ブーランジェリー的なパンではなく、惣菜系のパンや200円台のケーキ、あるいはお菓子が並ぶ店内。街のパン屋さんが大好きな自分にとっては、隣に引っ越したくなるぐらいたまらない。
081004-02.jpg
そんなお店の一番人気が、このサンドパン。レジで注文してその場で作ってもらえるという、なんとも魅力的な商品。
で、「おそらく、食パンに餡子とバターを挟んだのはこのお店が最初だ。」という話を事前に仕入れていたので、アンバターと名前を聞いて注文せざるをえなくなったチョコきなこを注文。
ちなみに、棚にもアンバターサンドが陳列されているものの、パンの大きさが一回り小さいバージョンなんだそうだ。
081004-03.jpg
そのアンバター、重みで下側のパンが沈んでしまうぐらいに、餡子とバターがたっぷりと塗られている。やさしい甘さの自家製餡子と、特注のバターのほんのりとしたコクが、ふんわりしたパンの食感からあふれ出してくる。
素朴で親しみやすい味、そしてなぜか文化的な感があるからこそ、不動の一番人気なんだろうと思うのがアンバター。一方、チョコきなこはというと…
081004-04.jpg
地層のようにくっきりと薄茶と濃茶が分かれたこの一品、一口食べると容赦なくパワフルな甘さが広がる。立ち上がりの早い甘さをチョコが受け持って、ピーナツバターのように濃厚なきなこクリームが、甘さのレンジを増幅させる。
どことなくジャンクで、多分、毎日食べると口内炎間違いなしとは思うが、それでも食べたくなってしまうのは、個人的にはこっち。
とにもかくにも、魅力的なパンが並ぶこのお店。パッキングされたパンにも、
081004-05.jpg
妙に、買いたくなってしまうパンが目白押しだ。
今日もご覧いただきありがとうございます。一押し、よろしくお願いします。人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。