サークルKサンクス・青森県産りんごを使ったパン3種

 

Pocket
LINEで送る

081007.jpg
ある日、家の近くのコンビニに寄ったところ、パン棚の圧倒的多数面積を覆っていたのが、この3種類のパン。
それぞれに違った種類のリンゴを使ってのパンは、コッペパンと甘いホイップクリームの軽い口当たりや、しっかりと焼かれた生地と、シャキシャキなリンゴから生まれた果汁の組み合わせ。あるいは、やさしく持ってないと、中からグニュっとクリームがあふれ出してきそうな触感。
一つずつ買って食べ比べて思ったのが、どれにも食べる理由があるということ。もっとも、3個一気にとなると、若干の悩ましさはあるが…
そして、今後はこんな取組みが全国的に展開されるようなので、個人的にも、いい素材の解釈と商品化が色々な形で進むことはありだと思う。
今日もご覧いただきありがとうございます。一押し、よろしくお願いします。人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. ロレンス より:

    昨日りんごのフライを食べたけど
    青森県産のりんごかどうか
    聞くの忘れちゃった!

  2. takapu より:

     【ロレンスさま】
     なんと!素揚げでしょうか?
     多分…A-mori産です(笑)。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。