青森市・牛せん カキフライ定食(900円)

 

Pocket
LINEで送る

081021-01.jpg
ホタテの国・青森、だからということなのか違うのか。10月1日にカキフライを提供しているお店が見当たらず、悶々としながら待つこと数週間。
ある日、青森駅のメインストリートである新町通りを歩いていたところ、はっと勘づき一枚の貼り紙を発見。ということで、つべこべ言わずに店内に入り、カキフライ定食を注文。
081021-02.jpg
待ちに待ったその皿には、ゴロンと7粒のカキフライ。
081021-03.jpg
あとは、久しぶりの再会を喜ぶだけ。
まだ、旨さ凝縮という訳にはいかないものの、季節が進むごとの伸びしろを楽しむのが牡蠣の道。このサイトも、そろそろ全開で更新しなければ…
今日もご覧いただきありがとうございます。一押し、よろしくお願いします。人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. 蓮花 より:

    いよいよ来ましたね!この季節が!
    小躍りしている様子が目に浮かびます(笑)
    今シーズンは『カキのオリーブ漬け』をたくさん作ってシーズンオフ用の非常食(?)に
    しようかなぁと企んでます。

  2. takapu より:

     【蓮花さま】
     小躍りどころか、狂ったように跳ね回っております(笑)。
     今年は、できれば牡蠣料理を自分で作る記事も増やそうかと思っているのですが、そうなるとカキのオリーブ漬けも当然ながら登場…しますん。で、油を菜の花菜種油でやってみようと検討中です。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。