仙台・AURAcafe 大きな窓越しの広瀬川とカレーランチ。

 

Pocket
LINEで送る

081101-01.jpg
ある日、思い立って仙台へ。
遠くて近いその地は、近くて遠い都会。街の至るところに余裕のようなものを感じ、青森に慣れつつある自分は、なんとなく緊張感を持ちながら、駅前の渋滞と対峙する。
たどり着いた一軒のカフェは、かつてバリの家具屋さんだったスペースを、そのまま受け継いだ空間。
081101-02.jpg
大きな窓から降り注ぐ光に祝福された、やさしい色合いのソファとクッションに身を委ね、いろいろな温かさに包まれながら、窓越しの広瀬川を眺める。
081101-03.jpg
注文していたカレーランチが届いたとき、自分はカメラのファインダー越しに広瀬川を見ていた。決して大きな川ではなく、街中を縫うような小川。でも、水辺の空間が持つ癒しの力は、川幅じゃなく川と街との関係で生まれるものだと思う。
豆の食感がしっかりと残り、ずっしりと深いコクと辛さが凝縮された、丁寧に作りこまれたカレーを食べていると、額のあたりが少し汗ばんできた。
081101-04.jpg
上昇した体感温度を元に戻すには、薫り高いアイスコーヒーと、ベリーソースの甘酸っぱさが引き締めるチーズケーキが最高の組み合わせだった。
081101-05.jpg
次に、ここに来るときはソファに身を委ねながら読む本をバッグに入れて来よう。たとえば、旅先で旅の本を読むのも悪くないかもしれない。
今日もご覧いただきありがとうございます。人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。