岩手県滝沢PA・大盛りで有名な某定食屋さん しょうが焼定食(750円)

 

Pocket
LINEで送る

今回の仙台旅行の移動手段は自動車。
行きは岩手山や長者原のパーキングエリアに立ち寄って、
休憩したり限定の食べものを口にしたりした。
で、帰りの東北自動車道…
まさか、このお店がパーキングエリアにあるとは思わなかった。
定食業界にマッシュルームカットあり。
081102-13.jpg
そう、あの半田屋だ。
店内に入ると出迎えてくれるのは食券機と、
どこにいても変わらない豪快な食べっぷり。
ここは、街中の半田屋に見られる小皿おかずはなく、
定食ものだけを扱っている。
なので、おかずに目移りして迷う時間は少ないものの、
逆に残り3つぐらいに絞り込んだところで考えてしまう。
081102-14.jpg
だって、これだけの数があるのだから。
で、結局注文したのはしょうが焼定食。
081102-15.jpg
食券を渡してから座って待つ。
自分が知っている半田屋は、人が多く活気にあふれている姿だが、
ところ変わればといった具合に静かに待つ。
ただ、どうしても心配だったのがごはんの量。
妙にパーキングエリア慣れして、「少ないのでは?」と思ったからだ。
そして、「おまちどうさまぁ」という声がしたので、カウンターに向かう。
081102-16.jpg
そう!そうそうそう!この量だ。
眠くなっちゃいかんのに満腹で眠くなること請け合いなご飯の量。
これじゃないと半田屋は始まらない。
ジューシーな肉、しょうがの塩梅がほどよいタレ。
これが大量のごはんを誘発する味になっている。
ただ、この店に入ってしまうと、
どうしても大食いスイッチみたいなのが入るので、
普段からこの量を食べているかのような勢いで食べてしまう。
だから、食べ終わった後には眠くなってしまう。
早く車に戻って仮眠しよう。
081102-12.jpg
この滝沢PA店はラストオーダーが19:30。
なので、ちょっとでもその時間に遅れると、
081102-17.jpg
こんな残念な状態になってしまう。
だから、余裕を持った安全運転で店に行き、
食べるときには全力で突っ走ろう。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. Ginger より:

    一緒に行った青森の半田屋さんには無かったのにー何故岩手にー(>_一緒に行った青森の半田屋さんには無かったのにー何故岩手にー(>_<)

  2. takapu より:

     【Gingerさま】
     いえいえ、実は先日のある日に青森の半田屋さんにも、しょうが焼があったことを確認しました。
     ということで…訪問お待ちしております(笑)。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。