未分類

あの、味噌カレー牛乳ラーメンがカップ麺になって発売されております。

投稿日:

081202-01.jpg
今、全国のコンビニエンスストアのカップ麺コーナーに並んでいるのが、この一品。青森人のソウルフード「味噌カレー牛乳ラーメン」が、カップ麺として商品化されたものだ。
081202-02.jpg
さっそく、フタを開けてみると、かやくと二種類のスープ、そしてバター風キューブという物体が入っている。で、かやくだけを麺の上にあけて、熱湯を注ぎ待つこと5分。ただし、バター風キューブをふたの上において5分待つと、使い物にならなくなるのでご注意を。
で、ここでポイントなのが、味噌カレー牛乳ラーメンの名物店「味の大西」のご主人いわく、「ちょっとだけ温めた牛乳を入れたほうが、もっと旨いよ。」という話。
元々、スープに粉乳が入っているので、5分の間に電子レンジで少しの量だけ牛乳を温める。大体20ミリリットルといった具合か(あくまでも自分の目分量です)。
そして、5分。フタを開けてカレーの香りが食欲をそそる粉末スープと、たっぷりのミソスープペーストを注ぎ、仕上げに温めた牛乳を注いで、バターキューブを添えたら出来上がり。
081202-03.jpg
さっそく、スープをグビっと。うん、再現度がかなり高い味。
まろやかでコクのある味噌、スパイシーなカレー、そして牛乳のコク。更に秀逸なのがバターキューブ。かなりしっかりとバターな役割を果たしている。
ゆえに、お店で食べるあの味にかなり近い。スープを飲むとしっかりと身体が温まるのも同じ。だから、モヤシと乾燥わかめをトッピングすれば、さらにあの味に近づくはず。
これなら、お店ではなんとなくやりづらかった納豆トッピングや(自分は大好きです)、丼へのご飯投入が他人の目を気にせずに自宅でできるというのも、大きなメリット。
まずは、売り切れる前に箱買いをしておかねば…
今日もご覧いただきありがとうございます。一押し、よろしくお願いします。人気blogランキングへ。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-未分類

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.