青森市・一八寿し 竹握りと三つの握り。

 

Pocket
LINEで送る

090210-01.jpg
青森に居ても、毎日ホタテを食べるわけではなく、毎日魚を食べるわけではなく、自分でも意外に思うぐらいに、鮮度がいい魚を食べる機会が少ない。ロードサイドのスーパーに行けば、並んでいるのは輸入ものの冷凍味付け赤魚しかない。なんてこともある。
一方、古川市場に行けば、首都圏じゃ考えられないようなすごい魚が、すごい価格で売っているが、量が結構あるので一人で生活していると意外に足が向くことが少ない。
あまりにも幸せな環境にいると、「いつかは食べるだろう」なんていう甘えが生まれ、結局はいつも食べないものになってしまう。
自分にとっては、お寿司屋さんも同じような存在。「いい魚がある環境の寿司屋さんは、すぐそこにあるんだから…」なんて思い続けているうちに、2月になってしまった。
090210-02.jpg
カウンターに腰かけて、握りの竹を注文する。職人さんの手元に見入る。津軽塗のつけ台に一つずつ並んでいく。マグロだったり、イカだったり、ボタンエビだったり、赤貝だったり…一つずつネタの美味しさとシャリの空気感を口に含ませる。
やっぱり、自分の舌は正直で心は正直だ。竹だけでは物足りなく、三つの握りを追加する。
090210-03.jpg
八戸前沖サバの締めサバと、2種類のホッキ貝。磯の香りが積極的に口に広がる生ホッキと、ボイルすることで香りをゆるめ、旨味を引き出した赤いホッキ。食べ比べは楽しく、サバは美味しく。
お代は2,555円也。お昼にしては少し高くなってしまったが、旨い魚を食べた満足感が手に入ればそれでよく、もっと青森で美味しいものを食べる幸せを感じたいと、改めて思い直す。
さて、週末版ひるどき「ナワメシ」を更新しました。八戸前沖サバをふんだんに使った・・・ピザです。でも、劇的に旨いですよ!奥さん!!ぜひご覧ください!!

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。