宮城・高野本店 甘ったれうどん(12袋入り・2,500円)

 

Pocket
LINEで送る

_DSC6028.jpg
先週の日曜日、行列のできる法律相談所を見て、すぐさまここにアクセスして取り寄せ手続きをしたのがこのうどん。
運よく、土曜の午前10時にイープラスにアクセスするような混雑には巻き込まれず、無事に購入手続きは完了。ただ、折り返しの確認メールを見ると、「二日間ぐらいで到着する予定ですが、テレビで紹介されることで遅れてしまうかもしれません…」といった内容。
_DSC6036.jpg
結局、手元に届いたのが今週末。
さっそく、段ボールを開けて、一袋取り出して、鍋にたっぷりのお湯を沸かして、お皿を探して、冷蔵庫から卵を出して、ザルを流し台にセットして、うどんをゆでる。
_DSC6057.jpg
きしめんのように平べったい麺を7~8分間ゆでる。こまめに湯の中でかき混ぜて泳がせないと、麺同士がくっついてしまう。
で、ゆであがり。ザルで水を切って器に盛ったところに卵黄を一つポトリ。
_DSC6059.jpg
あとは、おもむろにかき混ぜてズズズっとすする。
テレビで見ていた時から思っていたように、麺が平べったくなりコシがある伊勢うどんといったような味。甘辛のタレが麺にしっかりと絡んで、そこに卵黄のコクとまろやかさが加わる。張りのあるうどんに集中させる組み合わせゆえ、確かに一気に食べてしまいたくなるような味だった。
同時に思ったのが、実はこの時、自宅の冷蔵庫にネギがなかったので、卵黄だけのトッピングとなってしまったが、段ボールに貼ってあった「美味しい召し上がり方」にもあったように、ネギが欠かせない。爽やかさな口当たりの層が生まれ、一層食べやすくなると感じさせる味でもあったからだ。
また、個人的には卵白も入れていいのではと思った。というのは、食後の器に残ったタレにご飯を入れて食べた味が、うどん以上に上々だったから。ただ、そうなるとこのうどんのコンセプトと少しズレてしまうのが悩ましいが…

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。