弘前さくらまつりで食べる、「三忠食堂」の津軽そばと焼き鳥、そしておでん。

 

Pocket
LINEで送る

090501-02.jpg
昼間の弘前に車で行くと、必ずといっていいほどこのお店の前を通りかかる。
「津軽そばあります」という手書きの貼り紙があればこれを食べ、津軽そばがなくてもダシが効いた中華そばやカレーライスを食べる。まるで自宅にいるような感覚で普通に食べて、まるで実家にいるような居心地で食後の満腹感を楽しむ。
そんなお店のもう一つの顔は、弘前さくらまつりの一番人気店。
090501-03.jpg
この小説の影響もあって、日によっては津軽そばが売り切れることもあるという話を聞いていたが、津軽そばがなくても中華そばを食べればいいのだと自分に命じてお店に入る。でも、入り口の食券売り場に津軽そばの文字を無事に発見したので、こっちを注文。おまつりの時にしか食べられない焼き鳥やおでんと共に。
090501-01.jpg
やっぱりこの場所で食べる味は少し違う。本店よりも更に多くの人が、満面の笑みを浮かべながら食べている姿を見ながら食べる場は、幸福な空気に包まれるからだ。
焼き干しでダシを引いたアツアツの津軽そばをすすりながら、大きなツブ貝のおでんや焼き鳥を頬張る。まだ、少し肌寒い弘前の夜。身体を温めるには最高の組み合わせ。
090501-04.jpg
食後には、西濠に足を伸ばし桜のトンネルを眺める。ポカポカの心と身体で見るとやっぱり違う。
090501-05.jpg
今年もさくらまつりは無事に終了した。来年の春、食堂や公園が賑わいに包まれるのが待ちきれない。
こちらでも、夜桜の写真を更新しております。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。