東銀座・ぺるしぃ 本日のランチ(1,000円)

 

Pocket
LINEで送る

090513-02.jpg
約2週間ほど前、自分は東銀座の裏手にあるお店に開店と同時に訪れた。出迎えてくれたのは、還暦を迎えたシェフと、シェフの味をささえる顔なじみの女性スタッフ。
090513-01.jpg
まだ、青森と東京の気温差に慣れてない身体から流れる汗。そんな水分を補ってくれたのは、お気に入りの葡萄ジュース。一昨年、自分が最後に訪れた時にものとは違うものだというが、一口飲むと、葡萄の耽美な甘さとわずかなホロ苦さ、一粒に宿る全てが凝縮された味が口に広がる。
グラスが半分ぐらいになったところで、メニューを見る。本日のランチは3種類、まだ食べたことがなかったこのお店特製のハヤシライスも気になったが、「今日はハンバーグ!」という弾むような声を聞いたら、これを頼むしかなかった。
090513-03.jpg
本当の意味での調味がされた、上品で繊細な鶏ガラのスープと、シャキっと引き締まった春大根のサラダ。それを食べながら時計に目を送ると、針はもうすぐ頂点に達するところ。次から次へと界隈のお客さんがドアを開け、空席が残っていたことに対する安堵感に満ちた表情になる。
090513-04.jpg
ゴロンとしたハンバーグが目の前に運ばれてきたのは、お店が満席になってからのこと。
090513-05.jpg
ナイフで切れば肉汁が流れ出す。でも、見せ掛けのように大量の脂が流れるかのような下品なものではない。そこに炒めたタマネギではなくサラダオニオンを入れることで、フォークで口に運べばシャクっとした食感と共に甘さが広がり、肉の重厚な歯ざわりと対極の食感を生み出している。
とにかく、肉の味。脂の味ではなく肉のエキス。赤身が好きな自分にとって、これはストライクなハンバーグ。そんなハンバーグの肉味を際立てているのが、オレンジマーマレードを加えたソース。柑橘のすっきりとした口当たりが、ソースに軽さを加えている。
横に添えられた野菜は、さっと塩と胡椒で味付けられたもの。ソースと重複しない味付けなので絡めて食べると、野菜の甘みとソースからあふれ出す柑橘の味とが合わさり、まるでシェフの遊び心に満ちた楽しい悪巧みのような味になる。
090513-06.jpg
そんな時に、ようやくお出ましとなったのが、このお店の名物である自家製パン。サーモンのリエットを塗りながら食べる、モチモチとした独特の食感に包まれたリエットは、最後の一口にはたっぷりと塗りこむ。贅沢な瞬間だ。
思えば、青森でよく行く店は食堂系。それは何を食べても旨いからだ。そして、ぺるしぃはビストロ。自分にとって通いやすく飽きが来ないお店は、やっぱりここみたいなお店だと改めて思った。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. のむのむ より:

    は~い!先日、昼夜とお世話になりつつ、
    青森君(そう呼ばれてるらしいっす)の話に花を咲かせました(笑)
    ここのランチでは、ハンバーグを食べてないかも。たぶん?
    でも、takapuさんの記事を拝読すると、いろいろなるほどと思います。『悪巧み』とかね。
    そのうち、こちらでまたご一緒できればと。

  2. takapu より:

     【のむのむさま】
     青森君・・・(笑)
     こちらもこの日、「ここでのむのむさんがいきなり入ってきたら、奇跡ですよね・・・」なんて話しておりました。
     やっぱり、私はこのお店の悪巧みが好きなようです。パンも更にパワーアップしてましたし。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。