むつ市・樺山そば 大湊海軍コロッケそば(850円)

 

Pocket
LINEで送る

090607-02.jpg
小田急線沿線の文化で育った自分にとって、コロッケそばというメニューは、こちらの方の記事にあるように、かけそばにコロッケがどすんと乗ったものだ。
ところが、先々週に東京からのお客さんを連れて入ったおそば屋さんで、コロッケそばを注文したところ、運ばれてきたそばにはふのりが盛られているものの、肝心のコロッケは行方不明。
「あれ?」という具合に半信半疑でいながらそばをすする。しっかりとした太さのあるそばは、予想以上に食べ応えのあるものだ。と、そこに別皿でコロッケが運ばれてきた。
090607-01.jpg
まるで太陽を描いた絵画のように、揚げそばがコロッケを囲む姿。ヘットの香りが食欲をそそり、箸でコロッケを二分割。
090607-03.jpg
すると、じゅわっと鶏の肉汁と脂が流れ出す。下北半島産のきたあかりを使ったコロッケは、じゃがいもの甘さがしっかりと舌に残り、ここに鶏エキスの旨みが加わると、肉屋のコロッケとは別ベクトルの旨さが広がる。粗々しい衣の食感も満足度高し。
正直、今まで食べてきた海軍コロッケは、旨いものの自分の中にある理想のコロッケとは違っていた。多分、変によそ行きのアイテムとして作られていたからだと思う。地元生まれのレシピで作られる料理なのに。
でも、ここのコロッケを食べると、海軍コロッケがどういったものであるべきかを、そしてあったのかを思い起こさせてくれる。本当のクラシックスタイルとは違うものの、自分がイメージしていた味に近いのはこのコロッケだ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。