青森 ひるたび・さんぽ

(改めて)青森県鯵ヶ沢町・C-point 噂にたぐわず青森西海岸で最高のイベントです! ~後編~

投稿日:

090704-09.jpg
C-pointには、陶芸やテキスタイル、あるいは木工製品だけでなく、旨いものを作り出す団体も出展している。
090704-00.jpg
例えば、長谷川自然牧場。道の駅わんどでも販売されている、味が染みた白滝でお馴染みの豚丼や、骨付きソーセージ、あるいはつくね串も売られていたが、個人的に一番旨かったのは…
090704-02.jpg
ジャガイモの絶妙なすりつぶし加減や、胡椒が利いたシンプルな味が昔系なコロッケ。
090704-12.jpg
また、鯵ヶ沢のアビタニジャージーファームは、牛焼肉やこれをパンで挟んだアイテム、そしてプリンやアイスといった牧場ならではのラインナップでイベントを賑わせた。
090704-13.jpg
そして、シャモロックでお馴染みの大鰐振興は、3つの部位をしっかり焼き上げた、シャモロック焼き3点セットや、自然にテントの奥に置かれた塩味の源タレが、反則な販促になった焼きそばを提供。
090704-14.jpg
モモにしろ、ムネにしろ、やっぱり逞しい弾力がたまらない。皮を食べても癖がなく、脂の口当たりにしつこさがなく旨みを感じるのは、さすがのシャモロック。
090704-15.jpg
一方、塩味の源タレ焼きそば。肉うんぬんというよりタレの力を証明した味だった。
090704-16.jpg
更に、弘前のフレンチ・カルティエが提供するのは、(おそらく)この日限りのサラサラソースなカレー。
090704-17.jpg
ダシが効いたカレーで、しかも辛さがしっかりと効いたカレー。ゴボウの食感が効いているこの味は、ぜひぜひリピートしたい味。
090704-19.jpg
そして、別の場所に移動して倉石牛のメンチカツも購入。これでもかと溢れんばかりの肉汁や脂は圧巻の一言で、ソース不要の贅沢な味だった。
090704-18.jpg
魅力的な作品が多く、会場の端から端まで何往復しても足りないぐらいのイベントだからこそ、しっかりとした食べ物が用意されていると、本当にありがたい。
来年は、どんな作品に出会えるのだろうかと、今から楽しみで仕方がない。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-青森, ひるたび・さんぽ

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.