早稲田・秀永 ほんこん飯(710円)

 

Pocket
LINEで送る

090807-04.jpg
汗だくになるほどに、スープを飲んでから5分後、自分は信号を渡って一軒の中華料理店へ向かった。
090807-05.jpg
黄色のファサードが鮮やかな店に入って壁を見ると、豊富なメニュー数に圧倒される。書体が中華料理店しているのが、なんかいい。
で、注文したのは「ほんこん飯」なる一品。麺ではなく、飯のほう。
早稲田在住経験のある青森県人から、「味噌味の肉野菜炒めがどかっと盛られた丼、これが旨いんだよぉぅ。」と、事あるごとに刷り込まれていたからだ。
注文して約8分、メニューを目で追っているうちに、相席のお客さんにレバニラ炒めが、自分にはほんこん飯が運ばれてきた。
090807-06.jpg
肉野菜炒めよりも先、一番最初に目に入ったのは真ん丸の目玉焼き。これを少しずつ崩しながら、炒め物とごはんに馴染ませる。
090807-07.jpg
シンプルな食材を、マイルドな中にぴりっと辛味が効いた味噌ダレで調味。だから、理屈というよりも、「そりゃ、旨いわな。」といった味。回鍋肉の丼だし。
味噌汁に春雨が入っていたことに驚きを感じながら、がつがつと食べる。まるで、遺跡の発掘作業のようにスプーンは動く。
090807-09.jpg
伝票に書かれていたのは、「ほんこん飯」のほう。なるほど、これもきっと早稲田のソウルフードのはず。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。