青森県三沢市・川守田 惣菜パンも菓子パンもケーキもお惣菜も・・・家の近くに欲しくなるパン屋さん。

 

Pocket
LINEで送る

090518-07.jpg
バラ焼き発祥の店とされる「赤のれん」がある、青森県三沢市。
JRの駅を降りてホームから見渡せる視界、特に古牧温泉と反対側の駅前には、ぱっと見た限りではお店は見あたらない。しかし、米軍基地方面に向かうと、「アメリカ村」を中心に再開発が進んでいるエリアが姿を現す。で、赤のれんもその界隈にある。
そんな中心街から少しだけ離れた住宅地にあるのが、このパン屋さん。パンの絵に“BAKERY”と書かれた、判りやすさ満載のお店。そんなお店の外観は店舗というより住宅。でも、そこに一歩踏み入れる前に窓から伺えるのは、心が躍ってしまうぐらいに豊富なパンの姿。
090518-12.jpg
まずは、菓子パンから。王道のクリームパンの姿も確認できる中、パン屋さんが焼くケーキという、自分にとってのストライクアイテムがあるのがうれしいところ。
090518-09.jpg
そして、惣菜パン。商品アイデアの引き出しが多さを証明するかのごとく、豊富な品揃え。
090518-10.jpg
と、思いきや、ベーカリータイプのドーナツも発見。目にする商品数に比例して、頭の中で購入ラインナップが浮かんでは消え浮かんでは消え・・・
090518-11.jpg
更に、サンドイッチやピザパンもスタンバイ。朝昼夜の3食ローテーションを組みたくなってしまう。
090518-13.jpg
で、諸々のパンを手にしてレジに向かうと・・・店の奥にはショーケースに入ったケーキを発見。うーん、これぞ奥の手。しかも、安い。
このお店、三沢の方々にとっては給食用のパンを提供していたことでも有名なお店。だから、ひっきりなしに老若男女のお客さんが出入りしている。
これだけのラインナップを誇るパン屋さんがある三沢の方を、ちょっとうらやましく思ってしまった。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。