早稲田 紅蓮 極濃海老つけ麺(750円)

 

Pocket
LINEで送る

090923-04.jpg
ある日、仕事で向かったのが早稲田大学。となると、食べるべきはこのお店の五目そば!…と思ったら、あいにく店頭にはシャッターが下りていた。
ということで、向かったのが赤い看板が目を惹くこのお店。店頭には油そばの文字もあったものの、それ以上に気になったのが極濃海老つけ麺。ということで、券売機で食券を買ってカウンター席に座る。
で、待つこと約10分。すると、なにやら強烈な香りと妙な音が近づいてきた。
090923-01.jpg
ボコボコボコボコボコ…と、熱々に熱せられた器に入ったスープ、そしてたっぷりの麺。
沸騰が終わったところで、まずはつけ汁を一口。この時点で、口中に海老の香りと海老の味。青森で主流のにぼしがすごいラーメンを食べると、口中がにぼしで満たされるが、これは、その海老版。
で、麺をつけ汁に浸してずずっとすする。つけ汁の器を手に触れられず、食べているときに気持ち不安定気味になるが、麺のしっかりとした太さと弾力が、圧倒的なつけ汁のパワーとしっかり調和。
090923-03.jpg
食べているうちに病みつきとなり、気がつくと器の麺がすっかりなくなっていた。ということで、無料でもらえるごはんをもらってスープライスにする。厚切りのチャーシューは、この食べ方でこそ活きるアイテムだと思いながら、スープ割をせずにでお店を後にしたことに後悔も少々。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。