青森県三沢市・’09三沢基地航空祭

 

Pocket
LINEで送る

091018-01.jpg
バラ焼きやら、から揚げやら、とかく食べるためにしか足を運んでいなかった三沢市。しかし、どうやらイベントだけは外してはならないようだ。


091018-02.jpg
三沢市最大のイベント、三沢基地航空祭。
毎年、全国から大勢のお客さんが集まる航空ショーだが、今年はアメリカ空軍のアクロバット飛行チーム・サンダーバーズが、15年ぶりに日本で展示飛行を行うこともあって、基地に向かうまでの道路は大渋滞。もちろん、基地周辺も大渋滞。
ということで、基地の中に入った時には、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム・ブルーインパルスのアクロバット飛行は、既にエンディング近くになっていた。
091018-05.jpg
佐世保バーガーやら、ホットドッグやらが出店している模擬店ゾーンの人並みをかき分けて、滑走路付近に到着した時には、既に人の山・山・山。そんなお客さんが見上げる先には、ゆらゆらと動く機体の姿。
091018-04.jpg
その正体は、軍用大型長距離輸送機・C-17。まるで空を泳ぐくじらのように、ゆらゆらと揺れ動く姿は、どこか愛くるしさを感じてしまう。
091018-06.jpg
そして、いよいよサンダーバーズのお目見え。パイロットも地上展示の機体から注目。
091018-07.jpg
サンダーバーズは6機編隊だが、まずは4機のフォーメーションから。とはいえ、この時点で航空祭初経験の自分には衝撃の一言。速いのは当然で、地上からまさかの低さで飛行したと思いきや、突然空高く舞い上がって、飛行機雲の孤を描く。
091018-08.jpg
この孤を描く姿が、なんともかっこいい!!
091018-09.jpg
「左手後方から、○号機が…」といった感じに、場内にフォーメーションの説明がされるが、それを耳にしてレンズが機体を追いかけようにも、なかなか速度についていけない。
で、いつの間にか5機でのフォーメーションになっていて、狭い機体間隔を保ちながら高度を一気に上げて孤を描く。
091018-10.jpg
時に、後方からすごい速度でフォーメーションに迫ったり、時に低空飛行で「ぶつかるんじゃなかろうか」ぐらいの機体間隔ですれ違ったりと、とにかく凄いの一言。
091018-11.jpg
再びフォーメーションチェンジとなり4-1-1的な体制になる。2機が自由に飛び回り、4機が低空で孤を描く。
091018-13.jpg
そして、6機のフォーメーション。機体に描かれたフェニックスのペイントが、整然と空を飛び回る。
091018-14.jpg
で、このカリプソパスという技がすごい!この後、上下の機体が入れ替わって狭い間隔で飛行するのだが、1機は逆さまの状態で飛行している。頭に血が上ったらどうなるとか、重圧とか色々なことを考えてしまう。
そんなサンダーバーズのアクロバット飛行は、あっという間に感じるぐらいに終了。
091018-15.jpg
正直、この日の数日前までは「うーん…どんなもんなのだろうか」と思ってもいたが、行ってみるとそんな風に思っていた自分が馬鹿らしくなるぐらいに、このイベントはすごい。
「機会があれば」ではなく、「一生に一度は!」とお勧めしたくなったのであった。そして、このイベント用にレンズを買い足したくなる自分もいたのは、ここだけの話ということで。
※写真は、flickrにも掲載しております。いやぁ・・・便利なシステムですな。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. 百恵 より:

    そうです。このイベントはスゴイのです。
    何たって、みんな「トップガン」に見えちゃうのですから・・・
    カッコいいですよね~~~

  2. ロレンス より:

    スゴイスゴイ!
    よく撮れましたね。
    米軍三沢基地は何回か行きました。仕事だったのでイベントはなかったけど、
    Touch-and-go の訓練が、間近で見るとスゴイ迫力だったのは覚えています。
    これはもっとスゴイだろうなぁ。観てみたいですね~
    でも、このイベント用にカメラを買いたくなりそう(笑)

  3. takapu より:

     【百恵さま】
     いやぁ・・・かっこよかったです。4機が交差する瞬間なんて、カメラ放置で眺めておりました(笑)。

  4. takapu より:

     【ロレンスさま】
     今回、手ぶれ補正レンズで撮影したのですが、機能に頼りっぱなしでした…もう、速くて追えなくて追えなくて・・・
     このショーを見て思ったのは、影でとんでもない訓練をしているんだろうなということでした。精密を追及するためには、妥協しない自分を作らないといけないでしょうし。
     …という私は、訓練フェチかもしれません。ぜひ、訓練を撮影するためのカメラを購入ください。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。