岩手県盛岡市・北田食堂 オリエンタルライス(1,100円)

 

Pocket
LINEで送る

090510-11.jpg
北東北3県の情報を発信する情報誌はいくつかあるが、自分が好きなのがラ・クラという雑誌。とにかくセンスのいい誌面づくりをしており、このエリアに対する愛が伝わってくる。で、そんな雑誌で見かけたのがこの食堂。
創業60年以上の食堂と聞いただけで胸が躍るし、しかも、実際に足を運んでみると、昔のままとおぼしき店構えなのだから尚更だ。
090510-10.jpg
そんなお店の中は非常にコンパクト。
1Fの客席は少しのテーブルにカウンターが少々。
2Fに上がる階段の角度や作りが、親戚の家に来たかのような感じにさせてくれる。
で、このお店で注文したのが、オリエンタルライスという一品。
なにがどうオリエンタルなのかわからないものの、
この響きはマルカンのナポリカツに通じるものがある。
090510-07.jpg
芳醇な香りとともに運ばれてきたのは、
漆黒のドミソースで覆われたごはん。そこには、カツの姿も確認。
千切りキャベツが添えられているのが、築地の中栄的でちょっとうれしい。
その味は、極めて濃厚。
しっかりと煮込まれてしっかりと牛肉の旨みが染み出したソースの味は、
和な要素を持った洋食の味。
パンと合せても美味いとは思うが、
それだと決して旨いにはならないような味。
そんな親しみやすさ一杯な味のソースに絡んだカツを一切れ食べる。
090510-08.jpg
サクサクとした衣の音が耳に響く度に、さらに心が満たされる。
止まらない。止まってほしくない。そんな味だ。
090510-09.jpg
そこに、キャベツを絡める。
シャキシャキした食感とトロリとしたソースの組み合わせで、
軽快感が増してなお、もっとソースを欲してしまう。
食後、店を出て駐車場に向かうと、出前から帰ってきたお店の方と遭遇。
「旨かったです!」と声をかけると、やさしい微笑みが返ってきた。
味の印象と共に人の印象が残るお店だからこそ、みんなに愛される店なんだろうと思う。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。