梅田・阪神百貨店フードパーク いか焼き(147円)

 

Pocket
LINEで送る

090724-03.jpg
ある日、とある理由で大阪へ。で、やっぱり大阪に行ったからにはということで、向かったのが阪神百貨店の地下フロア。ここのフードパークにあるいか焼きを食べるためだ。
ただ、久し振りに行ってみると、明るい雰囲気だったエリアの色合いが、真逆のベクトルに模様替えしていた。
090724-00.jpg
とはいえ、いか焼きの行列は健在。すぐそばにある出入り口の先にも行列が続いていた。
当然、ここはいか焼き専門店なので買うアイテムは決まっているものの、カレー味との二択に迷う。両方食べることも考えたものの、次もコナモンのお店に行くことを決めていたので、ここはスタンダードないか焼きを注文。
090724-02.jpg
アツアツを受け取って、その場でほおばる。いかのゲソの弾力と衣がソースの味でまとまった味は健在。やっぱり、この味に触れないと自分の大阪は始まらない。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家
全国各地の伝承料理を中心とした、食材・食文化の魅力を伝えるコンテンツ制作や商品開発を通じて、人と地域の関係を深める食卓づくりをデザインしています。ウェブサイト「ホットサンドカフェ バウルー」「貝の王国 隠岐の島」や「百年食堂」も運営中。著作は「男と女のホットサンド」(フードユニット『やくみ』名義共著・グラフィック社)。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。