青森駅⇒札幌駅 急行「はまなす」に乗って。

 

Pocket
LINEで送る

090821-04.jpg
青森駅、22:30。首都圏に比べると夜が早く終わる土地・青森なのに、ホームには多くの人の姿があった。
少し大きい鞄を持つ親子連れや、小旅行に向かう友人同士。自分にとってはまったく素性も顔も知らない他人なのに、十数分後にはここを発つ急行「はまなす」に乗って、旅人という共通の存在になる。
090821-05.jpg
出発前の時間で、その姿を撮影する人もいれば、自販機で飲み物を買って乗り込む人もいる。旅の楽しみ方は色々、でも、出発前の独特の緊張感は同じ。
090821-06.jpg
自分も、そろそろ上下ベッドの寝台車に身体を預けることに。狭い通路を通り抜け、ベッドに備え付けの毛布を広げてスタンバイOK。
車体が動き出す。窓ガラスに映るのは家の明かりと街の灯り。車窓が流れても流れても見える景色はほぼ同じ。
090821-07.jpg
だから、JRマークの浴衣に着替えて眠ることにした。起きたらそこは、津軽海峡の向こう側だ。
090822-04.jpg
揺れる2段ベッドの上で目を覚ますと、窓の外には自然の象徴・北海道の姿。流れる木々を見つめながら、ぼーっとした頭を少しずつ目覚めさせる。
090822-05.jpg
もうすぐ、目的地の札幌。毛布をたたんでいると、北斗星のマーク。本当に同じものを使っているのか、自分の記憶には比較する材料がないものの、やっぱりちょっと顔がほころぶ。
090822-01.jpg
札幌に到着したのは朝7時台。旅人という共通の存在も、ここから先は別々の存在になる。列車を降りる瞬間のちょっとした寂しさは、きっと見知らぬ人との奇跡的な共有感が、失われることから生まれるんだと思う。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。