東京駅・松川弁当

 

Pocket
LINEで送る

091024-01.jpg
東京駅に着いたらグランスタの地下に行き、未だ自分が食べたことがない駅弁を探す。北上する新幹線に乗る前の自分に欠かせない儀式だ。
で、この日手に取ったのはこの一品。掛け紙のデザインがノスタルジーしてるのがいい。
091024-03.jpg
中身はとにかく大胆。白ご飯に敷き詰められた焼肉、脂の重さがなく、味付けの加減がすごくいい。お茶に合うしビールに合うしというポジションは誰もが好く味に違いない。
091024-02.jpg
そして、もう一つの目玉がこの肉団子。味付けがダブることなく、気持ち甘目のたれを纏った団子を食べると、不思議と焼肉に戻りたくなるリズムが生まれる。
あまり、同じ弁当を買わないように心掛けているものの,これは繰り返したくなる味だ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。