青森県青森市→弘前市→青森市・麺に次ぐ麺、そして麺。そんなヌードルツーリングをしてみることに。

 

Pocket
LINEで送る

091219-01.jpg
前日の夜、お刺身で青森を堪能してもらい、その後にこの店でニンニクを堪能してもらった翌日のこと。


題して、煮干しラーメンラリーとして、こちらの方と最初に訪れたのは、まるかい。さすがに、麺のハシゴをするとなれば、大ではなく中を注文。朝食代わりに食べる味として、この具合がいい。
091219-02.jpg
で、その2時間後。弘前のたかはしに久しぶりに訪問。ノーマル版と「濃い目」を注文し、スープの飲み比べ。にぼしを前に出すか、ラーメンのバランスを取るかという命題を、改めて考えさせる。
091219-07.jpg
で、その日の夜に胃を休ませるべく訪れたしまやで、特別に作ってもらった津軽そば。三忠食堂の津軽そばは焼き干しで出汁を引いているが、こちらの津軽そばは鰹出汁でいただきます。
091220-01.jpg
で、お腹の中が、未だ麺で埋め尽くされっぱなしの翌日の午前11:00。開店前からひらこ屋に出向いて、冬シーズン限定のらぅどんを注文。
091220-02.jpg
この店も煮干しな店だが、このメニューは節もの。どぷんとしたルックスが、チャーシューが、この一杯をダイナミックにすする決意を固めさせてくれる。
091220-03.jpg
節が香り、節が太麺にからむ。つるつるモチモチとした麺が止まらない。シャキシャキの刻みタマネギの酸味が口をさっぱりさせて、海老出汁の卵が再び出汁の世界に引き戻す。この繰り返しに豪快なチャーシューが組み合わさると、頭も身体も一杯に満たされる。
091220-04.jpg
で、食後1時間。〆は青森空港方面の店から、県営スケート場近くの長尾をチョイス。
ここでは、ある意味で東京と青森を結ぶメニュー・大二郎を注文。あと数時間で青森を発つゲストさんは、西バイパスの長尾との味比べをしながら、煮干しを堪能中。そんな中で東京の二郎との味の違いについて議論。麺話はこういった時間を過ごせるのが楽しい。
ということで、約24時間で食べた麺の量は相当。その長さは…いかがなものだったのだろうか。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. まさぴ。 より:

    そうか、そうだ、煮干しラーメンラリーなのだ♪
    色々とありがとやんした。
    澄んだ中から煮干の香りのまるかい。
    大本尊、たかはし。
    とんこつ煮干のヤルねーのひらこ屋。
    二郎もあるぜよの長尾本丸。
    そして、しまやの津軽そば、も。
    また行きたいであります。

  2. 百恵 より:

    これはこれは、煮干の聖地巡礼ですね。
    間違いなく「まさぴさま」ニボニボ中毒者の仲間入りです。(爆
    次回は、空海・たむら・喜一・しらはる・にぼし帝etc
    存分に堪能ください。

  3. takapu より:

    【まさぴ。さま】
    このラリーには、百恵さんが書かれたルートも誕生しましたので、ぜひ、次回もよろしくお願いします(笑)。

  4. takapu より:

    【百恵さま】
    聖地巡礼をしてきましたが、表街道だったようで…百恵さま提案のルートが、次回の巡礼ツアーコースに決定しました(笑)。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。