青森県八戸市・むつ食品 そういえば、本拠地に来たのは初めてでした…

 

Pocket
LINEで送る

100131-01.jpg
八戸と言えば、むつ食品。むつ食品と言えば、グラタンフライ
ところが、自分が買う場所といえば、鮫駅付近のスーパーであったり、アスパムにイベントで来た時だったり、むつ食品の支店だったり。ということで、初めて本店を訪問。紫色の目立つ建物に入ると…
100131-02.jpg
正面にズラッと並ぶのが、グラタンフライを始めとした、むつ食品のフライラインナップ。
お馴染みのグラタンフライやお好みフライに加えて、初めて見るハムチーズフライなんてものも。毎日、これを口にできるチャンスがある、八戸の方がうらやましい。ということで、どれを買おうか迷った末に…
100131-08.jpg
全種類を衝動買い。
おにぎりは合うのに、白米のおかずとはちょっと違う。そんな不思議なフライには、これからも八戸のアイドルみたいな存在であってほしい。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. 百恵 より:

    偶然です!
    ずーと気になっていたこのお店、実はバレンタインデーに訪ねてました!!
    こんな場所にあったんですね~
    店内奥の冷蔵棚の下にあるあるある。。。
    業務用1キロの焼きそばが10数袋。
    いかに地元に愛されているかが納得です。
    ということで、焼きそばフライ・グラタンフライをいただいてレジに並びました。
    できたての温かさが嬉しいですね!

  2. takapu より:

    【百恵さま】
    テレビ番組の宝探しのように、私もレジ付近を捜索してしまいました(笑)。非常に濃いラインナップは、地域の日常生活の中で、色々な役割を担っているんだなぁと。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。