青森県青森市・空海 こだわりにぼしらあめんセット(830円)と、つけ麺セット(930円)

 

Pocket
LINEで送る

100227-01.jpg
青森市の中心街から弘前方面に車で向かう際の大動脈、国道7号線。この国道沿いには「長尾」や「ひらこ屋」など、煮干しラーメンの名店も姿を見せており、ちょっとした麺ロードになっている。
で、この餃子とラーメンの店・「空海」も、麺ロード沿いに立つお店。
これまでも、この道を車で走る度に自分の視界には入っていたものの、外観的に若干入るのに抵抗感を覚えていたという理由だけで未訪だったのが事実。しかし、こちらの方が推奨していたこともあって、訪問することに。
100227-02.jpg
ガラス戸を開くと、煮干しの香り。これだけでスイッチが入る。
店内にはカウンター席と座敷席。カウンター席に座る先客は、カメラでラーメンをパチリと撮影していた。で、座敷席に座ろうとしたところで、ご主人から「食券をお願いします。」という声掛け。ということで、まずはメニューを確認することに。
100227-03.jpg
煮干しラーメンのバリエーションだけならず、つけ麺もあったり、餃子・ラーメンの店だけあって、餃子もスタンバイ。この日は、店に来た時間帯が繁忙時間を少し過ぎていたので、券売機の前で迷うことができたが、きっと繁忙時間には迷う暇なんてないんだろうと思う。
ということで、83番の数字を押して座敷席に座る。あとは、煮干しラーメンと餃子が運ばれてくるのを待つばかり。
100227-04.jpg
煮干しの香りがたっぷり詰まったラーメンと、きつね色のグラデーションが目を引く餃子が運ばれてきた。テーブルの横にレンゲがあるのに、おもむろにスープを飲みたくなってしまう。そんな香りだ。
このお店のベーシックな煮干しラーメンより「濃い目」になっているというだけに、煮干し出汁がくっきりしっかりと活きた味。雑味が無く、勢いで煮干し出汁を濃くしたものではないからこそ、遺伝子が欲するかのように飲まずにいられなくなる。レンゲを使う前に、まず器を両手で持ってずずっと。そんな感じだ。
で、ようやく割り箸を割って麺をすする。
100227-05.jpg
やさしい食感の自家製麺、まるで粉レベルにまでスープの主張が行き渡るような麺とスープのバランスは、食べていて勢いが止まらなくなる。というより、食べている最中で普通の量ではなく、大にしておけばよかったと後悔。
ネギの酸味が煮干しに染まる口を洗い、フワフワに仕上がったチャーシューも、丁寧な仕事によって仕上げられている。いやぁ…旨い。
一つ一つ手で包まれた餃子も、ごはんが食べたくなる味の餃子ではなくラーメンの申し子のように相性が計算された味。ラーメンに箸が伸び、餃子に箸が伸び、あっという間に完食となった。
「煮干しラーメンを食べ巡る際、ここは欠かせない店なんだ。」と確認させてくれたこのお店、きっと今後も通ってしまうんだろうなぁと思ってしまう。
…で、翌日。早速つけ麺を目当てに再訪。もちろん、セットの食券を購入。
100228-01.jpg
煮干し中心の魚介スープに、とんこつを合わせたつけ汁に、自家製麺をほぐしながら食べ進む。また、固めに仕上げた味付け卵が秀逸。これは、こだわりにぼしにもトッピング必須。
100228-02.jpg
餃子もふわふわ。家庭料理のような優しさが詰まった餃子がやっぱり美味しい。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. まさぴ。 より:

    街道沿いに建つ、看板を覚えてるよー♪
    チェーン店ぽい佇まいだったけど、いやいや意外とイケルよーですねン。

  2. 百恵 より:

    以前の店主さんから、店を引き継ぎました。
    そのころから比べれば、どんどん進化して今や津軽煮干らーめんの有名店だと私は思います。
    残念なのは、メンマは昔の太くて歯ごたえのあるのが大好きでした。

  3. takapu より:

    【まさぴ。さま】
    むしろ、道を挟んだ向かいにある白い建物が目印な感もありますが(笑)、チェーン店に見える理由が、看板のフォントにあることが判明しました…味は素敵です。

  4. takapu より:

    【百恵さま】
    つけ麺もいただきましたが、やっぱりここは津軽煮干ラーメンの店なんだなあと感じました。あの煮干しアロマが強くないと、この店らしくない!と、2回目にして思ってしまいまして…それだけ、鮮烈な印象でした。
    メンマの太さが、これ以上のものになってしまったら、メンマ-の私は、メンマ大盛りで頼むしかありません(笑)。

  5. 一日一麺 より:

    先日、札幌の方々も訪れ、近くの行列店の味にも負けない味と評価してくれました。
    店主のこだわりが自然にお客さんに伝わるようになれば、もっと人気が出るお店だと思います。メンマは百恵さんのおっしゃるとおりです^^

  6. takapu より:

    【一日一麺さま】
    行列って、色々な要素の積み重ねでできるものですからね。
    ただ、味のこだわり一本勝負でアタックするお店、私的には贔屓モードに入ります。
    もっとも、昔のメンマの姿を一度拝んでみたいものですが…

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。