青森 よるどき

青森県弘前市・POINT ROUGE 席に座ることを待ち焦がれた店。

投稿日:

100206-09.jpg
雪が残る弘前、吐く息全てが白くなる冬の夜。
そんな日に訪れたのが、POINT ROUGE。ここは、弘前を代表するビストロ、そして青森市民の自分が前から、一度は足を運んでみたかったお店。
ただ、基本的にお酒が飲めない身体なのに、「このお店はお酒をたしなみながら、料理を食べるべき。」という自分の決まりごとがあり、電車で弘前に来た日であれば、この店にいたら最終電車が出発してしまうことが目に見えていた。
ということもあって、宿を確保して万全の態勢を整えたこの日、ようやくドアの向こうへ足を踏み入れることができた。
100206-08.jpg
上着を脱いで席に座り、メニューを眺める。これだけ料理の引き出しがあれば、迷うことはあっても食べたい料理が見当たらないなんてことは無い。あれとこれとそれという具合に、色々と注文。
100206-03.jpg
田舎風パテは、シンプルに素材の美味しさをメッセージとして発信する一品、前菜といいつつも、これと一杯のアルコールで満足してしまいそう。
100206-04.jpg
きのこサラダには、キノコを覆う生ハムの姿。塩味が先に立つからこそ、味の濃い野菜だということを感じさせる。きのこの弾力というより、印象に残ったのはそのことだった。
100206-05.jpg
ピザはカプリチョーザを選択。気まぐれの名前を持った一品にしては、確信犯的に瑞々しいトマトがトッピングされ、モチモチの生地との相性を確かめながら一切れずつ堪能する。
100206-06.jpg
そして、藤崎町で作られているホワイトアスパラがたっぷり入った、クリームチーズのペンネ。シャキシャキのホワイトアスパラは、チーズのコクに負けることなく、それ以上の濃厚な味を舌を経由して頭に印象付ける。
100206-07.jpg
ふらっと一人で立ち寄っても、女性2人で待ち合わせても、グループでテーブルを囲んでも。
美味しい料理とお酒で生まれる時間が、誰にとっても楽しいものであることを約束してくれる。だから、色々なシチュエーションのお客さんがいて、それがお店の懐の深さになっている。
なんてことを、結局はアルコールをほとんど口にしなかった自分なりに思った。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-青森, よるどき

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.