青森県弘前市・しまや やっぱり、自分にとっての弘前はこの店です。

   2015/11/26

Pocket
LINEで送る

10043003.jpg
一度行って気に入ると、二度三度と足を運び、それが重なることでお店と客との信頼関係ができる。と文字にするのは簡単だけど、自分が本当にそれを感じるのは、このお店だけかもしれない。

10043004.jpg
のれんを潜るとおかみさんの「いらっしゃい」が「おかえり」に感じ、カウンター席に座ると、うれしそうにオススメの料理を勧めてくれる。

10043005.jpg
タラの芽のテンプラが春の訪れを感じさせ、

10043006.jpg
弘前の観桜に欠かせないガサエビを食べると、今、自分が弘前にいることを再確認させてくれる。

10043007.jpg
無人島・久六島の、さざえの刺身のコリコリとした食感と、にじみ出るエキスにも脱帽。

いつだって、弘前に行くことが決まれば、無条件でこのお店のことが頭に浮かぶ。やっぱり、自分にとっての弘前とはこのお店のことなんだと思う。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. […] そんなことを考えていた、この盛夏のこと。 青森を訪れる機会に恵まれた。 いつかtakapuが迎えに来てくれた、 青森空港にふたたび降り立って、 空港バスで向かうのは、弘前の地。 駅 […]

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。