相模原市・CAFA 相模湖の湖畔に佇む、一粒のコーヒー豆。

 

Pocket
LINEで送る

青森に住んでいた時は、時間を見つけては青森市内から車を走らせて、
黒石や弘前、あるいは八戸にあるカフェに通い、淹れたてのコーヒーを飲んだりフードを食べたりして、
店の空気に身を預けるのが大好きだった。
いいお店で過ごした時間が快適だったら、たどり着くまでに数時間かかっても、帰路の長さを感じない。
青森にそういうお店が多かったからこそできた、贅沢なドライブ。
で、相模原に戻ってきてから、そんな気持ちにさせてくれるお店を探していたものの、
正直なところなかなか見当たらず、良いんだけどそれ以上の感情が芽生えるお店に会うことが多かった。
だから、相模湖方面をドライブしていて豆の看板が目に入った瞬間、頭の中に占めたのは「おぉ!」という驚き。


100605-13.jpg
車の外に出ると、青森でいつも包んでくれたような、心地よい風と緑が出迎えてくれた。
でも、まだこの時点では「多分、カフェだよなぁ。というより、カフェであってほしいなぁ。」という期待含みのもの。
多分、その前に訪れたお店が、良いお店だったからだと思う。
100605-12.jpg
そんな店内の入口には、メニューが飾られていた。正解。
ドアを開けて中に入ると、出迎えてくれたのはオリーブグリーンの椅子、
一目でオーディオ好きだということを伝えるスピーカーやアンプ、そして大きな窓。
幸い、窓側の席に空きがあったので、さっそく腰かける。
100605-07.jpg
運ばれてきたメニューを見て、ちょっと悩む。
コーヒーが飲みたいのは決まっていたのだが、お供が決まらない。
どれも一口は食べてみたくなるような一品ばかり。
手書きの文字から温もりが伝わってくるメニュー、この感覚がたまらない。
100605-08.jpg
注文を決めて、相模湖を眺めながら待つ。
左から右へ遊覧船やレガッタが通過する。
ぼーっとしながら、次に何が通るかを心待ちにしながら、
コーヒーとお供が出てくるのを心待ちにしていた。
100605-09.jpg
席に運ばれてきたあんバターは、青森で食べたそれとはまったくルックスを異にしたもの。
相性の普遍性とルックスの可能性が融合した姿に感心。
手作りの食パンの、表面のサクッとした歯触りから中のモチっとした食感への流れが心地よく、
バタートーストとして1枚食べたくなる。
そんな、丁寧に作られたシンプルの上にたっぷりと盛られた、
塩味が効いた餡子と余熱で溶けたバター。
餡子が媚を売るような甘さではなく、豆の味がしっかりと感じる味だからこそ、
バターのコクと三位一体になった味は、どうすれば忘れられるのか判らなくなるほど印象的。
100605-10.jpg
そして、運ばれてきたコーヒー。
雲と青空が映り込む一杯にほっとしながら、ゆっくりと香りを楽しむ。
100605-11.jpg
相方が注文したオレンジバターハニートーストの姿は、まるで蜂蜜がたっぷりと入った蜂の巣のよう。
一口だけ食べると、もう…たまらない。次に注文するメニューが早くも決まった。
食後にお店の方に伺ったのは、元々、ここはドライブインだったとか、
このコーヒーに出会ったことで、ドライブインからこのお店へと業態が変わったという話。
そして、一番印象的だったのが、パンに使っている酵母が、ホシノ酵母の「丹沢」という品種だという話。
このお店の近くにある、丹沢の山林で見つかった品種を使っていることが、自分にとって一番うれしかった。
こだわりの源泉が、自分に関与することに近いとやっぱり好きになる。
だから、わざわざ行きたくなるし帰りの道も苦にならない。
そして、相模原に良いだけじゃないカフェがあることが、こんなに嬉しいとは思わなかった。
相模原というベッドタウンに対して、ちょっと諦めみたいなものを持っていたのが本当のところだから。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. 一日一麺 より:

    こちらがおしゃれなあんバターのお店でしたか。美しい風景ですね^^

  2. hera より:

    うーん。
    ここは相模原と言わないでほしいなぁ。。。
    って思うのは、差別になる?
    藤野方面でも個性的なお店があるから、
    探してみて。
    っていうか、かなりなドライブだね。

  3. takapu より:

    【一日一麺さま】
    さすがに、このお店のために「青森からぜひ!」とは言いにく…いえ、ぜひ!です。

  4. takapu より:

    【heraさま】
    えっと、同級生なのでタメ語で。
    差別というより、そもそもオレも何も新しいものが生まれない合併ってものが好かん。
    青森だって、青森市と隣り合った浪岡町が合併して、青森市になってるけど、浪岡に住んでいる人にとっては浪岡のまま。
    で、そうじゃないといけないと思ってる。
    もちろん、合併していい面もあるのかもしれないけど、悪い面だってある。その最たるものが文化の併合。なんか、フェードアウトみたいな扱いになるのが一番オレは嫌いだ。
    市町村合併って、機能保全にはなるけれど、救済型が多い。
    合併前に青森に住んでいた自分には、相模原も同じように見えるけど、旧相模原側がそんな意識だったら、やっぱり引くよ。
    相模湖町や藤野町の身で言われたらどう思うよ?というより、オレよりも相模原の西側を知っているである人が、それを言っちゃいけない。
    市役所は、緑区に眠るいいものを押し上げるアクションをしなくちゃいけないんだよ。
    残念ながら、資源を掘り起こしたりする意識は圧倒的に青森県内の自治体に負けている。というより、相模原には市のアイデンティティがなさすぎ。
    なんだかんだ言っても、相模原も好きだから、もっとこうしたらいいのになっていう点はあるんだけど、最強のベッドタウン的に、中途半端な居心地の良さに安住しちゃってるのが、今の相模原の悪いところだよ。
    だから、藤野方面のいい店も教えておくれやす。オレはそれを見てみたい。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。