青森県弘前市・弘前さくらまつり2010_春の日差しが照らす桜たち_その2

 

Pocket
LINEで送る

100502-14.jpg
再び、あの春の時間に巻き戻し。


100502-15.jpg
弘前公園の桜には、欠かすことができない影の主役たちがいる。
例えば、水。外掘であったり内堀であったり、桜の姿が水面に映り込む姿があってこそ弘前の桜。
100502-17.jpg
ボートに乗って水の上から桜を眺める。
川沿いを歩いているほうが、手に届く距離に桜はあるものの、
それよりも水の清涼感に包まれながら眺めることに価値がある。
100502-18.jpg
賑わう水辺からちょっと離れて、見下ろすように歩く二人の姿。
寄り添う時間はきっと桜色に染まる。一人ひとりにとっての印象に残るからこそ弘前の桜。
100502-19.jpg
桜色だけじゃなく、様々な色に包まれる公園内、これは数えきれない露店の看板があってのもの。
花より団子じゃないものの、これだけあれば言葉に偽りなしといったところか。
100502-21.jpg
桜が囲む公園の遊具、大人は桜の揺らぎを楽しみ子供はブランコの揺らぎを楽しむ。
100502-22.jpg
まだ、開かぬつぼみがあっても、弘前の桜はやっぱりすごい。
いつ来ても、ゆっくりと公園内を歩くたびに感じる。
100502-23.jpg
お馴染みの撮影スポットには人が立ち並び、桜と人との構図を決める。
100502-24.jpg
二日前、まったく同じ場所で見た桜。
昼と夜の違いは、女優さんならば一人二役といったところか。
100502-25.jpg
また来年、お元気で。楽しみにしてます。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。