赤坂・和知 まぐろ丼(1,000円)

 

Pocket
LINEで送る

100716.jpg
ある小さなビルの2階、
エレベーターを下りると目の前には行列。
空席ができたらお店のご主人に呼ばれ、
そのままカウンターに座る。そして、まぐろ丼を注文する。
酢飯の土台の上に、目の前で積み重なるマグロの山、
中トロ、赤身、中落ちの3種類が大胆に盛られ、
そこに卵焼きが添えられる。
水っぽさなく、トロッととろける脂に赤身の酸味。
中落ちは最後の一口に取っておこうか、それとも中盤で食べようか。
しっかりと魚の旨みが溶けだしたアラ汁を口にしながら、
食べ進め方をじっくりと考える。
ごはんの量は、普通、中、大の3種類。
隣に座っていた女性が「あぁ、これなら中でよかったかも」
というぐらいに、ご飯とのバランスを考えると中がベストバランスと思える。
というよりも、大を食べつくした人は、
きっと午後2時ぐらいに、昼寝したくなるはず。
圧倒的なボリュームと圧倒的なコストパフォーマンス。
そりゃ、店に人が絶えない理由なんてない。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. torazoh. より:

    本物。  感じます・・・。  素晴らしい。

  2. takapu より:

    【torazoh.さま】
    実は、2週続けて行ったのですが、やっぱりこのお店のコスパはすごいですね。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。