銀座・三州屋 穴子フライ定食(1,000円)

 

Pocket
LINEで送る

101001-01.jpg
自分はカキタベニスト
なので、三州屋に行き解禁したてのカキフライを食べないと
10月は始まらない!
ということで三州屋に向かったものの、
温暖化の影響で海水コンディションが悪く、
まだメニューにはカキフライの文字がなかった。
ということで、穴子フライ定食を注文。
色々なブログで見ていたものの、
実物がまさかこんなに大きいと思わず、
ごはんの量と相まって、食べきれるだろうか…という不安。
101001-02.jpg
でも、ふわふわの穴子を食べると、
ハードな衣の組み合わせが止まらない。
みそ汁の熱さやごはんの量に、
食べている時に背中が汗だくになってしまったが、
それを振り切って完食。
とはいえ、来週こそ出会えるだろうか…

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。