相模原・潮中華 KAZE 鶏郎(中・750円)

 

Pocket
LINEで送る

100923-01.jpg
自宅から徒歩20分圏内に、
ラーメン二郎・相模大野店があるにもかかわらず、
ある日の昼間に足を伸ばしたのは、
車で20分ばかし走らせた場所にある、
一件のラーメン屋さん。
そして、注文したのはこのお店名物の「鶏郎」というもの。
でき上がる寸前に、追加のニンニクや
野菜のトッピングを聞いてくれるので、
ニンニク増しでオーダー。
100923-02.jpg
自家製麺は非常に滑らかな口当たりなので、
するすると入っていく。麺を持ち上げてすする前に
かじりつくという感覚にはならない。
そして、スープ。
鶏出汁が効いた、あっさり目の作りなので、
最初の一口目は特に食べやすさオーラが包まれている。
飲み進めるごとに、少し塩が勝ってくる感じに変化するので、
水がちょっと恋しくなるものの、
基本的には、旨さがしっかりと出ている。
脂がギトギト浮いているルックスではないので、
(「脂」のトッピングもあります)
もやしやキャベツのボリュームという、
見た目の壁がありながらも、
スープがスープなので不思議なぐらいに食べやすい。
そんな感じに、広めの麺をすすりながら、
鶏の1枚肉を焼いたやつをガブリと。
これは、二回目にはもう1枚追加料金で、
トッピングしてもらわねば。
あとは、ニンニクの力を借りつつ完食あるのみ。
ボリューム×あっさりの組み合わせが食べたくなったら、
きっと通ってしまうこのお店、
時に変化球メニューを出してくるらしいので、
ちょっとチェックを多めにしよう。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. 一日一麺 より:

    美味しそうです!。あ、このラーメンに似たラーメンを先日、青森で食べました。その名も鶏道山。こちらも鶏塩。やはり鶏は塩ですかね^^

  2. takapu より:

    【一日一麺さま】
    やっぱり、鶏は塩ですね。
    麺との相性で言えばこれだと思います。
    鶏道山を先日の訪青で食べておけばと…

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。