東京・多摩地域 和食 よるどき

吉祥寺・にほん酒や 青森のシャモロックと、青森のシャモロックと青森の・・・

投稿日:

100721-01.jpg
数年前、料理教室に通っていた時には、
月に1回は最低足を運んでいたのが吉祥寺。
それから数年間は久しく足を運んでなかったのだが、
ツイッター経由で知り合ったこちらの方から「青森絡みの店がある」
ということでお誘いを受けたのがこのお店。
話に聞いていたとおり、
メニューの軸は青森もの。
それだけでうれしくなる。
ということで、つぶ貝の刺し身と、
シャモロック料理をいくつか注文して、
テーブルを埋め尽くすことに。
100721-02.jpg
シャモロックのたたきは塩やポン酢、
あるいは澄んだ色をしたごま油で。
100721-03.jpg
内蔵3種盛りの刺し身は、
最初はレバ刺し目的で注文したはずなのに、
出てきた瞬間の色鮮やかな姿に、
どれもが主役になってしまった。
100721-04.jpg
野菜のグリルを頼んでもシャモロックが絡み、
100721-05.jpg
ピザを頼んでもシャモロック。
片っ端からシャモロックつながりメニューを注文しても、
外れの料理なんて皆無、
食材の質がいいから飽きも来ない。
100721-06.jpg
デザートは、日本酒の酒粕が入ったバニラアイス。
ほろ酔いになる香りとバニラの甘さがクロスオーバーする。
ということで、
最初にこんなにも素敵な印象を受けてしまったのだから、
ひと月半後に早速再訪することに。


101009-12.jpg
店前の通りを眺めつつ、
会話と料理を楽しむのがテーブル席なら、
カウンター席はメニューをカスタマイズしながら、
お皿やお酒のグラスが所狭しと置かれていく眺めが、
妙に居心地のいい席。
101009-14.jpg
前回にもスタメンに名を連ねていたメニューがあれば、
初めましてのメニューもある。
101009-06.jpg
お通しは、シャモロックのスモークとかぼちゃのマリネ。
かぼちゃのシャキッとした食感と、スモークの香りそして旨み。
101009-07.jpg
で、この日は赤崎の牡蠣が入荷していたので、
生でちゅるり、
101009-08.jpg
焼でちゅるり。
生だと弾力を楽しんで、
焼だと凝縮されたエキスを楽しむといった具合。
個人的には…焼ですな。
101009-09.jpg
そして、定番となったシャモロックの叩きも注文。
101009-10.jpg
青森特産「毛豆」と静岡の桜エビを合わせたオムレツ。
ふわふわとろりとした玉子と、
毛豆の歯触り、そして桜エビの旨み。
この相性に逆らう理由なし。
101009-13.jpg
締めは、ホッケの糠漬けを使ったお茶漬け。
この香りが自分に懐かしく、
一口食べると、涙がちょっと出てきてしまう味。
2年しか住んでないのに懐かしさしか感じないのは、
きっと遺伝子を揺さぶられたんだと思いたい。いや、違いない。
このお店を経営されているのは、アップルサイダーの産地でもある、
青森県旧浪岡町出身の方。
だから、青森を応援する意味でも
たっぷりと青森の食材を使用しているが、
岩手の赤崎の牡蠣だって神奈川の魚だってメニューに並ぶ。
青森がどうのという以前に、
単純に足を運んでもらい、
日本酒と肴のマリアージュを堪能する。
で、お店を出た後に一番最初に思い浮かぶのが、
シャモロックと日本酒の相性。
そんな感じになるのが一番いいよなぁ…
と、思わずにいられないお店。
とはいえ、青森うんぬんを別にして、
単純にいいお店です。
でも、そんなお店のご主人に伺ったのが
「実は、吉祥寺には青森なお店が多い」
という話。
これは…巡らないと。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-東京・多摩地域, 和食, よるどき

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.