小田急相模原・焼肉はせ川 けしからん!こんな謎のスペックを持つ焼肉店には、とことん通ってしまおう!

 

Pocket
LINEで送る

100828-01.jpg
今を遡ること約2ヶ月前。
ということは、まだ夏の頃の話。
たまたま、ウェブで相模原のお店を探していたところで、
見つけたのがこの焼肉屋さん。
焼肉店でありながらも、
やけに色々なメニューが置いてあるということで、
ある種の恐いもの見たさもあっての訪問。
店内に入ると、壁一面に張り紙の嵐。
肉かと思いきやごはんもの、その隣にはなぜか松茸の文字。
しかも、明らかに安い。
とにかく、すごい空間だ。


100828-02.jpg
このお店の肉メニューは、お得系とハイクラスに二分される。
張り紙とメニューから最初に選んだのは、豚トロとカシラ。
お値段なんと各100円という出血サービス設定。
100828-03.jpg
そして、柔らかハラミとホルモンを注文。
ホルモンはシロコロな具合の上物。
前者が600円、後者が300円。
100828-05.jpg
あとは、七輪で思いのままに焼くだけ。
豚トロから攻めていき、カシラを食べて、
ハラミからあふれる肉汁に溺れて、
シロコロなホルモンのエキスに感嘆する。
で、肉を焼いている合間にやることは・・・
100828-04.jpg
ウチワエビの殻を鋏で切って、プルプルの身を食べること。
一尾100円という価格が信じがたい。
100828-06.jpg
非・肉メニューからもう一品、カボチャのチジミを注文。
この時点で、おなかいっぱいになって困る・・・
100828-07.jpg
そして、ハイクラスメニューからミスジを注文。
100円メニューの存在感と違って、
お皿から感じるのは、主役級にしか出せない圧倒的なオーラ。
さっと焼いてほおばると、じゅんわぁ・・・と、
エキスが溢れるのと同時に、肉の姿が消えていく。
噛む肉と対照的なとろける肉。
お店の引き出しの多さに顔がほころぶ。
100828-08.jpg
締めは牛にぎり。
ネタの分厚さゆえに、シャリつきの肉刺しを
食べているような感覚になってしまう。
100828-09.jpg
近所にスーパーやドラッグストアがある中に、
いきなり現れるこのお店。
行けば行くほど好きになるに違いないが、
1回行っただけで自分はもう虜だ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。