銀座・銀座ブラン亭 キーマカレーとチキンカレーの合いがけ(780円)

 

Pocket
LINEで送る

100927-01.jpg
ある日、こちらの方の記事を見て芽生えたのは、
止めようのないカレー欲。
ということで、実に5年半ぶりに訪問。
ビルの地下におりると、
以前と変わらぬこじんまりとした空間に、
以前と変わらぬカウンター、
そして、以前と変わらぬママさんの笑顔。
ただ、唯一変わっていたのは、
メニュー構成。
前はカレーライスに目玉焼きの
トッピングがあるかないかだったが、
今は3種類のメニューに増えており、
しかも、あいがけもできるという、
実にうれしい進化が起こっていた。
100927-02.jpg
肉エキスがぎゅっと詰まったキーマカレーと、
優しくもスパイシー、そしてピリっと辛さが効いたチキンカレー。
卓上のスパイスをちょっと振りかけたり、
レーズン乗せたり、皿の脇に乗せた福神漬と一緒に食べたり。
カウンター越しにするママさんとの会話も楽しいこのお店、
やっぱりビルもカレーも味わい深い。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. icydog より:

    夜も飲みに行ってみようと思いきや、
    昼のカレーだけの営業なんですってね。
    カレーの味わいもさることながら、
    わたしもママさんと話すのがいちばんの薬味だと思いました。

  2. takapu より:

    【icydogさま】
    バーのカレーと思いきや、
    バーっぽいカレー屋さんなんですね。
    ただ、電気ブランの幟があったはずなので、
    昼にこの組み合わせができるという、レアなお店だという事実も。
    ママさん、ビルがなくなるまではこの場所で営業を続けるとのことでしたが、逆にビルがなくなる時期がお店のクローズの時期だともお話されてました。
    もったいないと思う反面、潔さみたいなものを感じたゆえ、ますます訪問頻度を高めなければと思っています。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。