青森市・はなわらび 自分の2年間を支えてくれたお店。

 

Pocket
LINEで送る

100326-01.jpg
自分が青森で2年間住んでいたエリア、浪館通り。
青森駅を出て、
タクシーで青森県立美術館に向かう時、
必ず通るこの道沿いには、
東京のように店の隣に店があって・・・なんていう便利さはないけれど、
それを上回る温かさがあった。
それを象徴しているのが、このはなわらび。
一人で青森来ていた自分にとって、
ここは、朝も夜もお世話になったお惣菜のお店。
100326-02.jpg
ガラスの引き戸を開くと、
目の前のカウンターには、
大きなボウルやお皿に盛られたお惣菜。
和洋中はもちろん、焼き魚だっておでんだって、
ここにいけば何でも揃う。そんなお店。
100326-04.jpg
もちろん、おかずは日替わり。
手書きのPOP数がその証拠。
だから、夜になれば週2回ぐらいは、
このお店でお惣菜を買って家に帰り、
ごはんを研いだらしばし待ち、
炊き上がったら一気に食べる。
そんな夕食が、たまらなく好きだった。
100326-03.jpg
で、朝のお供はこのおむすび。
ひとつ100円の鮭やこんぶのおむすびも美味しいけれど、
自分のお気に入りだったのが、
100326-06.jpg
すじこのおむすび。
しっとりと白いごはんに絡む味が、
自分にとっての目覚まし代わり。
自販機で買う120円のダイドーコーヒーと120円のこれがあれば、
それだけで幸せな時間のできあがり。
あと約30分で、青森の新しい時代が始まる。
自分が新幹線に乗って新青森駅に到着したら、
まずはこのお店に行って、久しぶりに「いらっしゃい!」の声を聞いてみたい。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. yuki より:

    型で“押された”ではない、ていねいにふんわり“にぎられた”おにぎり。ふんわりだからお米の粒もととまめの粒もひとつぶひとつぶがつやつやと。これだけで魅力は十分に伝わってきます。

  2. takapu より:

    【yukiさま】
    ラップ越しに持っていると、
    ご飯粒が落っこちることもあるんです。
    でも、その感じが温かいんですよね。
    だから、ずっとこのおにぎりだったんです。こっちに戻ってきて、すじこのおにぎりってご無沙汰です…

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。