銀座・三州屋 カキフライ定食(1,100円)

 

Pocket
LINEで送る

101104-01.jpg
毎月1回、このお店でカキフライを食べると、
月ごとに変化するカキの育ち具合がよくわかる。
101104-02.jpg
10月に食べる時には、
半年ぶりにカキフライが食べられる喜びが先に立ち、
大きさや栄養の詰まり具合はあまり気にならないものの、
やっぱり11月に食べるカキフライは大きさやジューシーさが違う。
101221-01.jpg
で、12月。
ごろんごろんとお皿の上でころがるカキフライは、
8.5センチぐらいになる。
101221-02.jpg
10月のそれが2Dのカキフライだとしたら、
12月になると3Dのカキフライ。
サクサクの衣越しに弾けるエキスが口に広がれば、もう至福の瞬間。
あっという間に5個を食べ尽くし。
熱々のみそ汁が冷める間もなくお皿は空っぽになってしまう。
来月は、どんな姿になっているだろうか…
そして、来月もばったりこの方に遭遇するのだろうか。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。