青森

ついに全線開業、東北新幹線! 青森に行ったら、これを食べて欲しい! その1・青森市浪岡町「青森・浪岡ホットアップルサイダー」

投稿日:

101229-03.jpg
去年の12月までは、
東北新幹線全線開業に向けたカウントダウンが続いた青森県。
自分も2年間という短い期間ながら、実際に住んでみると、
これでもかと思えるぐらいに過ごしやすく、
水が合ったなんて言葉じゃ言い表せないぐらいに、
青森の良さに惚れてしまった。
だからこそ、東北新幹線の全線開業をきっかけにして、
青森に関心いただいた方には、
ぜひ足を運んで欲しい観光地や、日常生活の現場が山ほどあり、
それを全部回ってもらいたいというのが本音。
とはいえ、食べ物。特に旅行中のそれとなると
2泊3日なら7食+帰りの駅弁やスイーツといった具合に、限られてしまう。
だからこそ、本当におすすめしたいお店となれば、
意外に限られてしまう。
そんな「また、青森に来たい。」と思わせるような食べ物には、
色々なものが込められている。
それは作り手のこだわりだったり、
食材に対する愛情だったり。
例えば、この浪岡・青森ホットアップルサイダーがその一つ。


101229-01.jpg
基本的には、毎月第3土・日に、
青森の観光物産館「アスパム」で場立ち販売をしているのだが、
今は、新青森駅横で期間限定で開催中の
「青森青空市」にも出店している。
101229-02.jpg
暖かい建物の中から、いったん外に出るため、
青森の寒さに慣れてない方であれば、
風の冷たさや雪道を歩くことへの緊張感から、
ちょっと心理的に疲れてしまうのだが、
この一杯が心をほぐしてくれる。
101229-04.jpg
最近、青森の津軽地方を中心に、りんごジュースを暖めたものが、
色々なところで振る舞われているが、
残念ながら、既存のジュースを温めただけというものが多い。
だから、温かくして飲む場合にも甘さが立たず、
酸味が強いだけの味になったり、香りが少なかったり、
それによって、りんごの味に対する印象を損ねてしまう場合がある。
確かに、温めて提供することで「寒いところで飲む温かいもの」
という物理的機能は果たされるのだが、
正直言って、それ以上には心の中に残るものがない。
一方、青森・浪岡ホットアップルサイダーの場合は、
「完熟りんごの良さを知ってもらう」ということが一番の目的なので
完熟した最高の状態のりんごを使い、りんごそのもの味を伝えるための、
ベストコンディションが保たれている。
だから、「香りを感じて、濃厚な甘さと酸味を感じて」という具合に、
飲むことで伝わるメッセージが色々と詰まっている。
そんなストーリーが宿るものだからこそ、
身体だけではなく心も温まる。
この取り組みを始めた時点では、賛同する農家の方も少なかったというが、
今では10件以上の農家の方が、この取り組みに協力しているという。
りんご農家の方が、一つ一つのりんごに込めた思いは、
どこのエリアのりんご農家でも同じ。子供を育てるのと同じだ。
ただ、問題はそれを人に伝えるための手段と目的が、
混同されてないか?ということにあると思う。
とにかく、まずは一杯。
本当のりんごの実力を知ってもらうことが青森の課題であり、
りんご王国•青森が未来に渡って王国たる条件だと思う。
◆現在、JR青森駅近くのねぶた観光施設「ワ・ラッセ」内のレストランにて、
ホットアップルサイダーの提供を実施しています。
◆青森・浪岡ホットアップルサイダー

青森・浪岡ホットアップルサイダー
国初!温め専用完熟100%りんご果汁ボトル販売。青森・浪岡アップルサイダーについての商品の概要、お取り扱い店舗について、またはPaSaPa青森・地域社会づくり研究会についてのHPです。
  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 これまでの商品・コンテンツ制作実績等のプロフィールや、お仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-青森

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.