青森 ラーメン・ちゃんぽん

ついに全線開業、東北新幹線! 青森に行ったら、これを食べて欲しい! その2・青森市 中華そば田むら「鬼にぼし(濃いめ)」

投稿日:

101018-17.jpg
青森と言えば中華麺。
県内の色々なエリアに、色々なラーメンが存在し、
焼きそばだったら黒石のような文化圏が存在したり、
青森市だったら、「鈴木」「後藤」「小鹿」といった、
御三家的な焼きそば屋さんもそろい踏みしている。


ところで、東北新幹線が全線開業した中で、
「青森のラーメンといえば、味噌カレー牛乳ラーメン。」
という構図が露出の多さからも確立されている。
確かに、味噌とカレーと牛乳にバターが加わったラーメン
という組み合わせは、一度聞いたら忘れようにも忘れられず、
自分も大好きな一品だ。
ところが、このラーメンが市内の主流かというと、
これを出しているお店の数は、
普及会を構成する5件が基本とされている。
(もしかしたら、県内のどこかの店で、
こっそりメニュー化されているかもしれないが。)
じゃぁ、青森の主流であるラーメンは何か?となると、
青森市内では「煮干し」となる。
しかも、煮干しの味が強めのやつ。
そんなお店の一件が、この「田むら」。
昼時間に来たならば、店内のテーブルや座敷はニボシストに占拠されている。
ただ、それはいわゆるラヲタな方ではなく、
車で営業先回りをするサラリーマンだったり、あるいは家族連れだったり。
つまり、日常生活の中に煮干し出汁がしっかりと染みこんでいるのである。
101018-04.jpg
で、そんなお店にも、メニューはいくつかある。
ただ、あっさり系の煮干し出汁のメニューもあるものの、
煮干し出汁を全身に染み込ませたい時には鬼にぼし、
しかも濃いめで注文するのがポイント。
101018-06.jpg
運ばれてくる時に、鼻に煮干しの香りが届くとスイッチが入る。
まずはスープ、極端に言えば「煮干しの出汁に味がついてます」的なその味が、
とにかくたまらない。というより、このクセを舌に刻むために注文するのだ。
煮干し独特の酸味も出ているものの、動物系のスープとのブレンドなので、
単品のスープといった感じに、ゴクゴクと飲めてしまう。
(自分がニボシストだからというのもあるが。)
そして、自家製の麺。
スープの個性がこれだけ強いので、
麺のインパクトを強くするか、ひたすらスープを前に出すか
の二択になってもおかしくないものの、
加水率高くつるつると滑らかに口に入る麺は、
モチモチとした食感から、煮干しの味を身体に行き渡らせる。
チャーシュー頬張り、メンマを食べて、
グビグビっとつゆを飲む。
その繰り返しをするうちに、
器の中からはつゆがほとんど消えている。
それが自分の食べ方。
日本人ですから、やっぱり煮干し出汁。
そんな方にこそ食べてもらいたい味だ。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 これまでの商品・コンテンツ制作実績等のプロフィールや、お仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-青森, ラーメン・ちゃんぽん

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.