飯田橋/神楽坂 ラーメン・ちゃんぽん 中華料理/その他中華系料理 よるどき

飯田橋・おけ以 「餃子の店」の餃子、そして玉子チャーハンとタンメン。

投稿日:

110407-04.jpg
夜の飯田橋、駅のすぐ近くを歩いていたら、
緑地に白文字で「餃子の店」と、ちょっとだけ怪しげに光る看板が見えた。
気になって近づいてみると、偶然に戸がガラガラと開き、
お店のおばちゃんに「何人?」と声をかけられたので、
流れに任せてお店の中に。
カウンター席に座ると、
店名である「おけ以」の文字が記された、
割りばしを入れる壺のような器、
餃子の醤油皿、そして口拭き用の紙ナプキン。
もちろん、お冷のグラスにも。
ものによっては、擦れぎみになっている文字を見た瞬間に
「これは!」と思った。


110407-02.jpg
「今から餃子焼くけど、注文する?」
という、おばちゃんの勧めに乗って、
まずは、お店のフラッグシップである餃子を注文。
7つの餃子をつなぐ羽根が、
香ばしさを存分にアピールする餃子。
熱々を頬張ると、
モチモチの皮に野菜の甘味と豚肉のジューシーな餡、
そして羽根のパリパリ。
一口で広がる流れを受け止めながら、
「餃子の店」を謳う自信と、
それを守り続ける丁寧な仕事に脱帽。
110407-01.jpg
そこに運ばれてきたのは、玉子チャーハン。
シンプルな姿であっさり味。
色々な具が入っているチャーハンも好きだけど、
こっちのほうが自分的には手が止まらない。
110407-03.jpg
そして、タンメン。
たっぷりのもやしと白菜、細かく刻まれた豚肉の姿も。
まずはスープを一口…のはずだったのに、止まらない。
あっさりした口あたりで深い旨み、そしてコク。
飲んでも飲んでも飽きることのない味。
この止まらない勢いは、青森の名店が作る
塩ワンタンメンのスープと同じ感覚。
とにかく、すっと身体に美味しさが入ってくる。
スープの旨みを吸ったもやしや白菜を、
気持ち太めで平打ちな麺と共にすする。
モチモチの麺自体に備わる味と野菜の甘味を、
スープの旨みが取り持ってくれる。
いやぁ…たまらない。
夢中になって熱々のタンメンを食べて、
汗がじんわり出てきたところで、
「お客さん、暑そうだね」と言って、
おばちゃんが入り口の戸を少しだけ開ける。
ほっとする味に、
味を際立てるちょっとした気配り。
このお店は、自分の中の「好き」の中でも、
ちょっと違う「好き」になっている。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-飯田橋/神楽坂, ラーメン・ちゃんぽん, 中華料理/その他中華系料理, よるどき

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.