座間市・飯野山 穴子天うどん

 

Pocket
LINEで送る

110306-02.jpg
産直が不毛の地・相模原に住んでいる自分は、
最近になって車で厚木の産直に行くことが多くなった。
で、家から産直に向かうルート上の、
丁度真ん中あたりにあるのが、小田急線の座間駅。
そして、ここから歩いて5分ぐらいのところにあるのが、
飯野山というお店。
一見、ふつうの家にしか見えないこのお店、
何のお店かというと、讃岐うどんのお店。
香川で見ると「あぁ、確かになぁ…」という感じがするが、
座間の住宅街で見ると、「あぁ、うどん屋さんなんだ…」という感じに見えてしまう。
110306-01.jpg
壁に掛けられた木札の中から、穴子天うどんを注文。
とにかく、店長さんが香川の方ということもあって、
本当に本気で出汁が旨い!
いりこやサバ節など、一口飲むごとに全身の水分が、
出汁と入れ替わるぐらいに、身体が喜ぶ味。
もちろん、うどんも滑らかな口当たりと、しっかりとしたハリ。
ずずっとすすってこれだけ気持ちいいうどん は久しぶりかもしれない。
穴子天の大きさも、文句の付けようのないボリューム。
だから、サクッと香ばしい音を響かせたら、ずずっとうどんをすすり、
ゴクゴクと出汁を飲む。
食べることに関する五感が、全部満足するお店だからこそ、
産直に行く度に通っている。時にかきあげうどんにしたり、
時にカレーうどんにしたり。
とにかく、今はこのお店に通うのが本当に楽しくてしかたがない。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。