大山・あおい珈琲店 出来過ぎた偶然で巡りあえた一杯の幸せ。

 

Pocket
LINEで送る

110514-06.jpg
元々、自分は商店街の温かい賑わいが大好きなのだが、
現代ビジネスに書いてあった、
大山ハッピーロードに関する記事を読んだら、
無性に行きたくなってしまった。
以前から界隈に住む知人から、ホットケーキが美味しいカフェに関する
温かいタレコミを聞いていたこともあって、
頭の中には商店街+カフェという公式がすでに完成している。
あとは、どのタイミングでそこにいくかなんて考えつつ、
東武線に乗って車窓を眺めていたら、
大山駅に到着する10秒ぐらい前に目に入ってきたのが、
一軒の雰囲気のいいお店。
しかも、幟には珈琲の文字が入っている。
そのお店のことを頭に置きつつ、
ハッピーロード商店街を散策していたら、
ちょっと買い物が過ぎてしまい、
ホットケーキのお店に向かう体力がなくなってしまった。
ということで、ある種の運命で導かれたこのお店へ行くことに。
ドアを開けると大きなカウンターの向こう側には、
マスターの姿と数多くのコーヒーカップが収まる棚。
手にハッピーロードで買った色々なものがなかったら、
カウンター席に座って珈琲と自分しかいない世界みたいなのに
どっぷり浸かりたいところだったが、
カサカサと音がする総菜が入った袋は似合わないと思いテーブル席へ。
110514-03.jpg
テーブルには有田焼の一輪挿しと砂糖入れ。
近くのテーブルの方が口にしていたアイスコーヒーのカップも有田焼。
大きな窓ガラス越しには、東武池袋線の姿。
数十分前にはまったく逆のポジションだったのに。
そんな流れに身を任せ、
アイスコーヒーとチーズケーキを注文。
110514-04.jpg
器を手にすると、キンキンに冷えているというより、
やわらかさをもった冷たさで包まれている。
そんなアイスコーヒーの味は、
深煎り豆の香りと味が凝縮された一杯。
暑さにまかせて一気に飲み干す味ではなく、
ゆっくりゆっくり味わって、
この味を口にしている時間と余韻にずっと浸りたくなる。
レア感が残るチーズケーキとの組み合わせは、
至極当然に美味いしか思い浮かばない。
というか、この味に触れていることが、
幸せなんだからいいじゃないかと、自分に素直になる。
食べ物や飲み物がよろしくなく、
お店の雰囲気や置いてある雑貨に対し、
まるで場所代を出すようなお店じゃなく、
このお店のように、全てを世界観で包み込んだ持ったお店に巡り会えたことを、
幸せと呼ばずになんと呼ぶんだろう。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。