港区/品川区/大田区 ラーメン・ちゃんぽん よるどき

六本木・六本木ラーメン 味噌カレーミルクラーメン(980円)

投稿日:

110520-01.jpg
GW中に青森に行った際、
ルートの都合で食べることができなかったのが、
味噌カレー牛乳ラーメン。
無敵のトライアングルで生まれるあの味は、
決して東京では食べることはできないと思っていたゆえ、
煮干しラーメンと同じく、自分が青森に行く目的の一つだったのだが、
六本木にこれを出すお店があるということで早速訪問。
六本木にある「六本木ラーメン」という、
きわめて分かりやすいそのお店に行くと、
店頭の看板には、味噌カレーミルクラーメンの文字があった。
ということで、早速食券を買ってカウンターで待つ。
数分後にやってくる楽しみを思えば、
待ち時間なんて全然苦にならない。
そして、目の前に丼が。
たっぷりのフライドオニオンがアイキャッチとなり、
その下にはもやしにニラ、あるいはタマネギといった
たっぷりの炒め野菜と炒められたひき肉。
でも、やっぱりカレーしているスープの色やカレーの香りが、
何よりもこのラーメンを物語っている。
本場の味噌カレー牛乳ラーメンよりも、
味は全体的に濃厚な作りになっていて、
野菜やスープに入った胡麻の旨味が、レンゲを介して舌を少しずつ
北上させてくれる。
麺も、軽く縮れが入った黄色の麺。
ずずっと啜ればより一層、気持ちを北上させる。
東京的になっているアレンジも含めて、
改めて味噌とカレーと牛乳のトライアングルが、
いかにパワフルな組み合わせかを感じさせるこの一杯。
下北半島にある、お盆にスープが並々と溢れ出す、
あの名店に習ったという味噌ラーメンも見逃せない。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-港区/品川区/大田区, ラーメン・ちゃんぽん, よるどき

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.