六本木・六本木ラーメン 味噌カレーミルクラーメン(980円)

 

Pocket
LINEで送る

110520-01.jpg
GW中に青森に行った際、
ルートの都合で食べることができなかったのが、
味噌カレー牛乳ラーメン。
無敵のトライアングルで生まれるあの味は、
決して東京では食べることはできないと思っていたゆえ、
煮干しラーメンと同じく、自分が青森に行く目的の一つだったのだが、
六本木にこれを出すお店があるということで早速訪問。
六本木にある「六本木ラーメン」という、
きわめて分かりやすいそのお店に行くと、
店頭の看板には、味噌カレーミルクラーメンの文字があった。
ということで、早速食券を買ってカウンターで待つ。
数分後にやってくる楽しみを思えば、
待ち時間なんて全然苦にならない。
そして、目の前に丼が。
たっぷりのフライドオニオンがアイキャッチとなり、
その下にはもやしにニラ、あるいはタマネギといった
たっぷりの炒め野菜と炒められたひき肉。
でも、やっぱりカレーしているスープの色やカレーの香りが、
何よりもこのラーメンを物語っている。
本場の味噌カレー牛乳ラーメンよりも、
味は全体的に濃厚な作りになっていて、
野菜やスープに入った胡麻の旨味が、レンゲを介して舌を少しずつ
北上させてくれる。
麺も、軽く縮れが入った黄色の麺。
ずずっと啜ればより一層、気持ちを北上させる。
東京的になっているアレンジも含めて、
改めて味噌とカレーと牛乳のトライアングルが、
いかにパワフルな組み合わせかを感じさせるこの一杯。
下北半島にある、お盆にスープが並々と溢れ出す、
あの名店に習ったという味噌ラーメンも見逃せない。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. 百恵 より:

    六本木ですか???
    驚きました。まさか店主さんは青森の方なのでしょうか。下北のあの味噌ラーメンを知ってるなんてかなりな勉強家と思います。

  2. takapu より:

    【百恵さま】
    そうなんです、
    六本木交差点からすぐのお店なんです。
    店主さんが青森の方というのではないのですが、
    下北の○ら○ばにも通って味を習得されたようです。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。