表参道・表参道コーヒー カプチーノとコーヒー菓子

 

Pocket
LINEで送る

110604-07.jpg
神保町のさぼうるを出て、久しぶりに古書街を歩いていると、
適度に暖かい日差しが、アイスコーヒーでほど良く涼んだ身体を、
少しずつ温めだす。
三省堂のあたりから一歩一歩、10年ぐらい前のカメラ雑誌や、
自分にはちょっと縁がなさそうな厚めの古書を眺めつつ、
キムラヤの交差点に戻ったところで、
地下鉄に乗って表参道へ。
階段を一段ずつ登り、
駅の出口からまい泉方面に向かって歩くと、
ちょっと奥まった路地裏に、
表参道コーヒーの建物を見つけた。
庇の先へと足を踏み入れると、
庭先で日向ぼっこをする一人の男性。
「あ、いらっしゃいませ。」
ちょっとはにかんだような笑顔の男性は、
このお店のご主人だった。
110604-06.jpg
表参道コーヒーは、
この木造民家が取り壊されるまでの期間限定で、
部屋の中にコーヒースタンドが組まれているお店。
靴を履いたまま、家の中にお邪魔してメニューを眺める。
幸いにして、後ろに他のお客さんの姿がなかったので、
お勧めを伺いながら、カプチーノと一口サイズのコーヒー菓子を注文した。
110604-04.jpg
きめ細かいスチームミルクの泡が、
ふわっと口の中に広がるカプチーノ。
カフェアート越しのコーヒーの香りを、
庭先のベンチに座りながら楽しむ。
110604-05.jpg
コーヒー菓子は、じっくり焼かれたベイクドカスタード。
カリッと香ばしい表面から、
じんわりとした食感の柔らかい生地へと移り、
やさしい甘さが口に広がる。
強い甘さではなく、コーヒーとのマッチングが前提の絶妙な加減。
このお菓子はテイクアウトもできるものの、
この空間で淹れられるコーヒーとの組み合わせで体感したい。
110604-08.jpg
キューブ型はお店のモチーフになっていて、色々なところに隠れている。
コーヒースタンドのデザインだったりこの看板だったり。
不思議な空間でコーヒーとカスタードと共に過ごす時間は、至福の一時。
しばらくは、表参道駅からの散歩が更に楽しくなりそうだ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家
全国各地の伝承料理を中心とした、食材・食文化の魅力を伝えるコンテンツ制作や商品開発を通じて、人と地域の関係を深める食卓づくりをデザインしています。ウェブサイト「ホットサンドカフェ バウルー」「貝の王国 隠岐の島」や「百年食堂」も運営中。著作は「男と女のホットサンド」(フードユニット『やくみ』名義共著・グラフィック社)。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。