吉祥寺・ひまり屋 探すべき、通うべき、愛すべき隠れ家。

 

Pocket
LINEで送る

110326-03.jpg
そういえば、10日前に行った浪岡の地で生まれたのが、
吉祥寺にある日本酒やのご主人。
そのご主人から「吉祥寺にある青森なお店」ということで、
紹介されたお店が、ひまり屋という居酒屋さん。
このお店、駅からやや離れたところにあり、
しかも道中に大きな目印もないので、
初めて行くにはちょっと難しいのだが、
小さな灯りと壁に飾られた鯵ヶ沢の日本酒、
「安東水軍」の看板を見つけると、色々な意味で嬉しくなる。
入口は小さな木の扉、なので身体をかがめて店内へ。
掘りごたつ式のカウンターに座ったら、
メニューを見ながら最初の一杯。
そして、お通しのブリ大根。
この姿がお店の美味しさを物語っている。
110326-05.jpg
このお店のメニューは、
額に入れたくなるぐらい、見ていて楽しくなる。
単純に字が奇麗で勢いがある。というのもあるが、
旨そうに思わせる字って、こういうことなんだろうなぁと思う。
110326-06.jpg
で、お造りから。
ブリ、ホタルイカ、のれそれ、ツブ貝、関あじ、鰹、鯖、ウニ、平貝。
どれを食べても「おぉ!」と唸ってしまうか、
美味しさにダンマリを決め込んでしまう。
110326-07.jpg
次に、このお店名物の自家製薫製。
チーズだけではなく、砂肝やはんぺん、玉子にうなぎまで。
香りが宿った美味しさを、ありがたく五感で味わう。


110326-08.jpg
基本、自分はあまりお酒が飲めないので、
この、きのこと唐揚げのマリネとか、
110326-09.jpg
カキフライとか、料理が美味しいことが、
居心地の佳さに直結する。
110326-10.jpg
でも、青森の地酒を筆頭に、
豊富な日本酒のメニューの中から、
「隠し酒」なんていうものを見つけてしまったので、つい注文。
チェイサーのお水が、
レアものなワンカップに入って出てくるのも趣あり。
110326-11.jpg
締めは肉味噌チャーハン。
この旨味、このボリューム、この味が
胃袋に最高の締めくくりをしてくれる。
110326-04.jpg
このお店に行ったのは、3月下旬。
入口には、東日本大震災への寄付を募る大きな酒瓶。
3ヶ月経過した今、この瓶はどうなっているのだろうか。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. 百恵 より:

    確かに「隠れ家」の趣、満載ですね。
    手書きのメニューが、季節や仕入れで書き直されるのかな?
    穴子の稚魚「のれそれ」はこちらで食することはないですが、きっとその美味しさに津軽人が一口食べたら「のれそれ、のれそれ め~!!」
    と、きっと叫ぶでしょうね。(笑

  2. takapu より:

    【百恵さま】
    お店で飲んでいる人が、
    まるで家で飲んでいるかのように、
    のびのびと飲んでいるんです。
    そんな感じも含めて
    隠れ家であって欲しいものです。
    おそらく、手書きのメニューは
    日替わりなんだろうと思っていますが、
    のれそれの姿が消えてしまった日には、
    別の意味で「のれそれ、のれそれ め~!!」
    なんでしょうね(笑)。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。