銀座 ぎんざ春日 天丼(900円)

 

Pocket
LINEで送る

110615-03.jpg
こう暑い日が続くと、
外で食事をする際に「いかに簡単に」とか、
「いかに手早く」といった感じに、
食べることを簡単に済ませたくなってしまう。
でも、こういう時だからこそ、
料理が出てくるまでの待ち時間が、
「早く出てこい」というより「まだ出てこなくてもいい」
と思えるお店に行く機会を増やしたい。
そういう時に、このお店の暖簾をくぐり、
L字型したカウンターの一番端に座り、
職人さんが丁寧に天ぷらを揚げる姿を見ていると、
まだ自分の注文した天丼は、まだ出てこなくてもいいと思える。
胡麻油の香りに包まれているだけで幸せだ。
110615-01.jpg
大きな穴子にエビ、キス、
更に海苔やししとうといった面々が、
丼の上で賑わっている。
さっくりと軽快な食感の衣から、
タネの旨味が溢れ出し、
これを甘辛のタレが包み込む。
ご飯が進むのは当たり前のこと、
この一品でお酒が飲めてしまうんだろうとも思えるし、
合間に口にするお味噌汁に入った揚げ玉が、
天ぷら屋さんらしい技だと思う。
お昼の食事は後半戦への活力の源。
だから「とりあえずお腹を満たせばいい」なんて絶対に違う。
食べたものが自分を支えてくれるんだと、思えるものを食べておきたい。
それに加えて、このお店のように、
仕事が見えるシチュエーションがあれば、最高だと思う。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。