池袋・本格珈琲昭和 アイスコーヒーとチーズケーキ

 

Pocket
LINEで送る

110709-08.jpg
神奈川から東京に住まいを移して数ヶ月、
一番の行動エリアとなっている西武池袋線沿線や、
東武東上線沿線のお店の新規開拓をする機会が増えているが、
気がつけば一番足を運んでいるジャンルは喫茶店。
で、ある日に池袋に辛めのラーメンを食べに行った時、
偶然見つけたのがこのお店。
洋食屋さんや飲み屋さんが入り交じるこのエリアで、
この外観や看板のフォントが、ひと味違う雰囲気を作り出していた。
日を改めて地下への階段を降りると、
両側の壁には無数の時計が、
まるで時間旅行に誘うように飾られている。
110709-07.jpg
まるで、昔の商店街にあったような、店内の雰囲気。
階段の下に一つだけあるソファーは、きっと特等席。
カウンターの上には懐かしいモデルのカメラが並んでいるので、
注文をした後は視線がそこに向かってしまう。
110709-06.jpg
ずっしりと持ち応えのあるグラスに入ったアイスコーヒーと、
チーズケーキの組み合わせ。
大きな凹凸に指をなじませつつ、
舌からふわっと浮かぶような香りや、
喉の奥へと流れても残る苦みの余韻を、
一口ごとに自分の中に閉じ込める。
そこに、チーズケーキの甘さとコク。
この対比を堪能するのがたまらない。
レジの下には写真集や小説が並んでいる。
次は、一冊拝借してページをめくりながら、
時間を忘れてみることにしよう。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。