雑司ヶ谷・Reels ダッチコーヒーとトロピック

 

Pocket
LINEで送る

110717-01.jpg
地下鉄で雑司ヶ谷の駅に行き、
鬼子母神の手創り市で白くて大きなプレートとクロスを買い、
近くにある鶏肉屋さんで鶏の唐揚げを買った帰り道。
都電が通り過ぎるのを待つ道すがら、踏切のすぐ先、
左側に見える青いファサードの喫茶店に入ろうと決めた。
珈琲の香りに包まれた店内、
壁に飾られているのは、無数の釣具。
ここは珈琲店でありながら、
ルアーフィッシングのリール専門店でもあるお店。
だから、店名には「西洋釣具珈琲店」というサブネームがつく。
そんなお店で注文したのは、
ダッチコーヒー(水出しコーヒー)と、
トロピックというケーキ。
珈琲やスイーツが出てくるまでのお楽しみは、
窓側の席に座ったなら都電が往来する姿。
早稲田方面のホームが目の前にあるので、
数パターンのラッピングが施された都電の姿が楽しめる。
日差しが少し強く感じるようになった時、
笑顔入りの紙ナプキンと共に
コーヒーとケーキが運ばれて来た。
110717-02.jpg
季節柄、やっぱり水出しコーヒーを飲む機会が多くなっているが、
このお店のコーヒーを一口飲んだときの印象は、
「これは勢いで一気に飲んじゃいけない」というもの。
まるで、お店が珈琲に対して書くラブレターを、
拝見させてもらうような感覚。
手間をかけて書き上げられた名文だからこそ、
流し読みなんてしちゃいけない。
だから、ゆっくり、ゆっくりと。
そして、トロピックというケーキ。
マンゴーのクレムー、ココナツのダックワース、
ココナツのムース、パイナップルのコンポートという組み合わせ。
見た目からして、
時間をかけて丁寧に作り上げたことが分かる一品。
フォークで一口分を切り出して、口へと運ぶ。
で、あっという間に口から消える。
美味しすぎる。
一瞬にして、さわやかな甘さとコクが一気に咲き誇る。
プリンも食べたくなってしまったが、
それは次回のお楽しみにしよう。
お店の前を走る都電は、のんびりと走っている。
それは、日常の中にある非日常の象徴。
そして、このお店の味も日常の中にある非日常のような存在。
でも、手に届く。
こんな幸せがたまらない。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。