阿佐ケ谷・tent cafe たっぷりのコーヒー、たっぷりのクリーム、そしてまったりの空間。

 

Pocket
LINEで送る

110825-08.jpg
ミートソースを思う存分に食べた後は、
阿佐ケ谷パールセンターをぶらぶらと。
阿佐ケ谷の達人曰く、
「お店の入れ替わりが早い。」というこの通りには、
古くから親しまれていることを暖簾が物語るお店があれば、
チェーン系のお店もあり、新進気鋭で個性的なお店も立ち並ぶ。
そんな通りを歩いていると、目を惹いたのがこの看板。
誘われて階段を登ると、
110825-05.jpg
今度は、なんかありがたい看板が。
お風呂のようにコーヒーカップに浸かる猫のイラストが、
わずか15段ぐらいなのに、登頂感みたいなものを与えてくれる。
店内に入り、角のテーブル席に腰掛けて、
デザートやドリンクのメニューを眺める。
空腹だったら、パスタやカレーを注文したいと思ったものの、
パスタのハシゴはさすがにきついので、
コーヒーとコーヒーゼリーを注文。
110825-06.jpg
予想していたよりも、圧倒的に大きなコーヒーは、
別のテーブルでそうだったように、
ノートパソコンを片手にして過ごすにはうってつけ。
110825-07.jpg
そして、圧倒的な量の生クリームが盛られたコーヒーゼリーは、
クリームの甘さとゼリーのほろ苦さとのレンジが広く、
いいバランスで食べたときの味が印象的。
どこか丸太小屋のような、
こじんまりとした店内空間は居心地よく、
長居する条件が揃っている。
ここは、色々な意味で通いたい。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。