2011年、瀬戸内へ。〜その1 徳島県徳島市・とよとみ珈琲 最高のマシンから生まれた珈琲と、愛すべきご主人〜

   2014/10/31

Pocket
LINEで送る

110917-07.jpg
「さぬき」の文字を横目にしながら、航空機が高松空港に降り立った時、
機中の窓から見た空模様は、薄い灰色のキャンバスの隙間から、
わずかな青が顔を出している程度。
乗り慣れてないレンタカーに乗って高速道路に入り、
ドライブモードに気持ちを切り替えようとしたところで…
高速道路が通行止めになっていたのです。
やっぱり、日が悪かったなぁと思いつつ、
渋滞から避けるべく、すぐ先に見える出口で降りるべきか迷っていたら、
津田の松原サービスエリアのツイッターによって、
通行止めが解除されたという情報が。
なんか、自分にとって縁のない地で、
顔が見えないのに、情報で不思議なつながりができるって、
本当に面白いもので。
そんな悪天候なのに高速を使って徳島県に来た理由は、
コーヒーを飲むため。ただ、それだけなんです。
でも、本当は徳島ラーメンも食べたかったのは秘密です。
一人当たりのコーヒー豆消費量が日本一で、
県内の至るところに個性的な喫茶店やカフェが点在し、
町中がコーヒーの香りに満ちている。
そんな感じだというので、やっぱり気になってしまいました。
110917-f05.jpg
で、最初に訪問したのは、とよとみ珈琲というお店。
サーフィン好きのご主人が、8年程前に独立して始められたというお店は、
倉庫だった建物をリノベーションしたというもの。
ドアを開けて広がる空間が、
ちょっとだけ歪な感じになっているのが、
逆に味になっていて魅力的です。
そんなお店で注文したのは、
「とよとみブレンド」と2種類のケーキ。
車を走らせた疲労が凝縮された身体を、
目の前に出されたカップから立ち上るブレンドの香りが、
目覚めさせてくれます。
で、一口飲めば苦味と甘味のバランスがとれた、
すごく優しい味。
豆のセレクトにはストイックだというのに、
厳しさが一点もないのは、
きっとご主人の優しい人柄なんだろうなぁと思ったのです。
その傍らにあるのがブルーベリーとラズベリーのパフェ。
ベリーの酸味と2種類のアイスの甘味の組み合わせが、
珈琲で目覚めた身体にすっと入ってきます。
110917-06.jpg
そして、オレンジゼリーのロールケーキ。
一口でも食べればよかったなぁ……と、後悔。
110917-08.jpg
で、パフェをちょっと食べ進めたところで、
注ぎ入れるのはエスプレッソ。
別々に口にして融合する珈琲の香りと甘さが一体になれば、
もちろん深くて面白い味にしかなりません。
食べ進めていると、底のほうのコーンフレークに
エスプレッソが染み込んでいて、
これがまた口を引き締めてくれます。
110917-f04.jpg
そんなご主人に東京から来たことをお話させていただくと、
焙煎機「Fuji Royal Revolution」との対面が実現。
日本に3台しかなく、しかもお店にあるこのバージョンは、
ここにしかないとのこと。
好きなモノ・コトについて話されてる方の顔って素敵なのですが、
ここのご主人は特に素敵です。
人にエネルギーを与えてくれる人っていうのは,
きっとこんな方。
ついつい、お店特製のTシャツも買い込んでしまいましたが、
次は、モーニングセットを食べに行ければと画策中です。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。