青森 和食 よるどき

青森県青森市・入ます亭 やっぱり、ここのコスパは日本一!

投稿日:

111008-02.jpg
黒石のイベントを訪れる前日、
西の空がオレンジ色に染まる頃。
夜店通りの洋服屋さんを眺めながら、
自分は夕陽とは反対方向の青森市役所方面へ。
111008-f08.jpg
その目的は、久しぶりの入ます亭。
その佇まいは変わることなく、
赤提灯と看板たる簾が出迎えてくれました。
111008-f09.jpg
カウンター席に座り、次から次に運ばれてくるのは、
このお店の名物である「おまかせコース」の料理。
生ビールを片手に、時に真鱈と目を合わせつつ、
久しぶりの再会に乾杯を。


111008-03.jpg
まずは「いがめんち」に、岩もずくとナガイモの酢の物。
弘前の名店のおかみさん曰く、いがめんちにも旬があるとのことで、
アツアツのところを食べてみると、納得のいく味。
いがめんちには、揚げたものと焼いたものがあるものの、
やっぱり自分は、クラシックスタイルの焼きめんちが好きなんです。
岩もずくの酢の物は、ツルツルした舌触りと、
コリコリした食感の組み合わせ。
だから、器の中はあっという間に空っぽに。
111008-04.jpg
お刺身も2人前でこのボリューム。
マグロにサンマにイカにブリ、そしてツブ貝。
ねっとりとろける味の濃さに、
やっぱり旨いなぁと、唸るばかり。
111008-05.jpg
初めて食べたマグロの煮こごり、
見た目の華はお刺身に譲るものの、
一口ごとにじんわりと美味しさが広がります。
111008-07.jpg
そして、このお店のお任せコースの代名詞、
ホタテの殻をお皿にした、
貝柱とマッシュポテトのグリル。
大人数でこのお店に来て、このコースを注文すると、
話が弾む楽しい場になるので、
気がつけばこの一品も食べ頃の温度になっているものの、
焼き立てのところを一口食べれば、やっぱり熱々のハフハフ。
でも、やっぱり旨いんです。
そして、ホッとするのは何故でしょう。
111008-08.jpg
そして、熱々の焼き物として、
殻付きの牡蠣に味噌ダレが塗られた一品が。
水分が抜けて、旨みが凝縮した牡蠣を頬張り、
牡蠣のエキスがふんだんに行き渡ったスープをくいっと。
いやぁ…身体が温まります。
111008-09.jpg
このコースの二大ポテト料理の一つ、
フライドポテトのボリュームも相変わらず。
111008-10.jpg
そして、締めは真鱈のエキスが、
あふれ出す魚汁風の煮物。
真鱈のアラを使うじゃっぱ汁は、
津軽では味噌味で調理するものの、
下北半島の方面では塩味で食べられる。
この味は、まさにそっち側のもので、
上品な塩加減に、真鱈の出汁加減。
大根に染みた汁の旨みや、フワフワのタツ(白子)。
これぞ、産地だからこその味。
こんなラインナップのお任せコースなのに、
お値段は驚きの2,100円。
なんだか、申し訳ないと思いつつ、
次も期待してしまう自分がいるのです。

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 地域食材・食文化をテーマにした商品企画・開発コンテンツ制作を、コンセプトメイキング、PRツール制作、取材、執筆、撮影、漫画原作制作、講演によって手がけています。 詳細プロフィールや、お仕事の問い合わせは下のリンクから。

-青森, 和食, よるどき

関連記事

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.